考察

今日の考察/沖縄慰霊の日、会場変更に異論 「犠牲を美化する空間」 – 沖縄:朝日新聞デジタル

沖縄政府が東京と那覇での沖縄の70周年の戦いの記念の12月10-12日に会場を変更する決定は、島の住民を怒らせました。

沖縄県の女長武知事が金曜日に変更を発表し、日本中部の都市が島自体ではなく12月10日のイベントの開催地となることが明らかになった後に決定が下されたと決定した。

「日本政府は、ここでイベントに参加する多くの人々のため、別の場所を検討するように私たちに要求しました」とオナガは言った。 「沖縄県が間もなく場所を決定する」と語った。

12月10日の沖縄戦の慰霊祭の会場は沖縄県が決定する。知事は、日本中部の都市が会場であり、島自体ではないと決定された後に決定が下されるであろうと言いました。 (AP経由のヨコソモンライン)

この決定はまた、国がイベントをより管理できるようにするものと見られており、沖縄の居住者コミュニティから批判される可能性があります。

地方自治体が発表した声明の中で、女長は「12月10日の東京でのイベントは成功するだろうと確信している」と述べた。

住民のグループは金曜日に変更を正式に発表する予定の会議で決定に抗議しました。

「残念なことだ」と渡辺和弘氏を名乗る男性は語った。 「地方自治体として、私たちはこの決定について発言権を持つべきです。」

今日の考察/菅首相、解散を探る「神経戦」 来年なら…4月? 7月? 9月? - 毎日新聞脚光を浴びることでも知られる首相は、自分の計画を国民に知られないようにしておくことを決意している。 "私は何も発表するつもりはない "...

沖縄の住民は、変更についての協議の欠如に不満を訴えました。

沿岸都市宜野湾に住む32歳の谷口直樹氏は、「初めてこの決定を聞いたとき、日本からメッセージが送られたと思った」と語った。 「しかし、それが作られていると聞いたので、私はこれについて何も言わなかったことに怒っています。」

沖縄県知事事務所によると、式典の会場変更は12月10日のイベント会場であり、島そのものではないことが明らかになった後に決定した。

この決定は、沖縄政府の要請により、12月10日の式典の会場として那覇市を選定するという日本の要請に基づいたものでした。

沖縄在住の公務員である稲田知美氏は、「変化には問題ないと思う」と語った

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

沖縄慰霊の日、会場変更に異論 「犠牲を美化する空間」 – 沖縄:朝日新聞デジタル
www.asahi.com


Photo by wuestenigel

今日の考察/オーストラリア海軍が参加へ、日米印の共同訓練「マラバール」 - Bloomberg政府によると、日本の海上自衛隊は6月5日から13日までの2週間、「マラバー」と呼ばれる日米印合同演習に参加するという。 2週間の演習に...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です