考察

今日の考察/丸刈りの市長、続投意向「市民からお叱りと激励」…河井前法相から60万円受領巡り : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

発表当日、安倍首相の執務室は、外見を絞る決定は権力が弱体化した兆候だとの批判に応えた。

総理大臣が3月1日の新会計年度の開始以来忙しく、首相がまったく現れなかったのは当然のことである。

「日本の首相として、人と会う時間は限られている。人と会いたくないわけではないが、一斉に会うのは難しい」と語った。ステートメントで。

安倍首相は金曜日に米ドナルド・トランプ大統領と二国間協議を行い、4月25日にワシントンでテレサ・メイ英国首相との首脳会談を行う。

しかし、新政権の最初の100日間はさまざまな出来事を特徴とするという事実にもかかわらず、政権の最初の数日は主に内政に支配されます。

アメリカは4月26日から28日までワシントンで安倍首相を訪問し、イギリスは5月3日から7日にロンドンで彼をホストします。

2月にワシントンで開催された日韓を含む米日3か国の最初の会議は、安倍首相の批評家による批判の焦点であり、安保理は安全と相互信頼の向上について真剣ではないと述べた。

一方、日本では「写真の機会」に過ぎないとの批判もありました。

今日の考察/緊急事態宣言、23日に正式決定 期間は4月25日から5月11日(毎日新聞) - Yahoo!ニュース今世紀最悪の干ばつにより、日本の半分以上が深刻な飲料水不足に陥っていることを受け、政府は金曜日遅くに、「通常の要因では説明できない出来事...

延世大学教授の木村雅彦教授は、「写真の機会にトランプ大統領に会いに来た人はいなかった」と語った。 「米国政府が安倍首相と会談する方針を持っているならば、それはそうすべきである。」

来たるトランプ大統領の来日については、ホワイトハウスが発表した声明の中で、「世界最大の民主主義をまもなく訪問する」と述べた。

「両国と世界が直面している重要な問題について話し合うのを楽しみにしている」と彼は言った。

安倍首相は米国との関係強化を強く望んでおり、トランプ氏は日本との関係強化を強く望んでいる。

しかし、両国の関係が緊密になるにつれて、米国は、米国との強力な同盟関係を維持するという日本のコミットメントに懐疑的になっています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

丸刈りの市長、続投意向「市民からお叱りと激励」…河井前法相から60万円受領巡り : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by U.S. Army IMCOM

今日の考察/東京・大阪・京都・兵庫への宣言発令、23日に決定 : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン" 東京-大阪間の鉄道サービスは、オリンピックの精神に則り、旅行者が日本と近隣諸国を行き来するのに便利なように拡大すべきである。" "...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です