考察

今日の考察/小池氏が優勢、他候補大きく引き離す 山本氏ら2番手争い 毎日新聞都知事選調査 – 毎日新聞

ここでのメインストーリーは毎日新聞による最新の調査結果でした。

調査は12月15日に行われ、結果は21日に発表されました。

清光清が再び首位になり、31%の票を得た。

しかし、両者の差は非常に小さく、山本氏と小池氏はわずか3ポイントしか離れていませんでした。

これは、山本氏が明確にリードしていた前回の選挙からの大きな変化です。

しかし、小池さんは山本さんを2ポイント以上上回っており、どの候補者も勝てるほどの差があります。

これは、独立している森由香子さんにとって大きな問題です。

彼女の最も強力な支持者は保守派ですが、彼女が得ていると思われる支持はすべて社会民主党からのものであり、彼女はまだはるかに遅れています。

その結果、森さんは、山本さんと小池さんの2人の最も信頼できる候補者の後ろを追っています。

今日の考察/「妊娠届」5月以降 大幅に減少 新型コロナ影響か | 新型コロナウイルス | NHKニュース日本の新規妊娠数は4月に1万4,843人と20年ぶりの低水準に落ち込み、最初の2ヶ月間は過去最低の出生数を記録していたことが月曜日に政府...

また、最も保守的な候補者である清氏は、実際には保守的ではなく、穏健派である可能性もあります。

これは、少なくとも部分的には当てはまる可能性があります。中程度の候補者にとって、彼はそれほど脅威ではないようです。

しかし、彼は明らかに森由香子さんや小池さんよりもリベラルであり、将来の適度な候補者にとって問題になる可能性があります。

次の選挙は今から3年後に行われ、清さんが森由香子さんと対戦する可能性があります。

しかし、森さんも清さんに勝つ可能性があるので、今後の三者競争の可能性は低いです。

これは森さんへの明確な警告であり、彼女がまだ走っているという事実は、彼女が清さんを排除する必要があることを示しています。

問題は、清氏が選挙運動を通じて穏健派と見なされてきたということですが、ほとんどの有権者は彼と山本さんがどのような穏健派であるかを知りません。

彼女が勝った場合、穏健派が彼女を支援する可能性があります。

しかし、前回の新聞の本編にあるように、森さんの支援は主に保守派が中心であり、今後、森さんに迷惑をかける可能性があります

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

小池氏が優勢、他候補大きく引き離す 山本氏ら2番手争い 毎日新聞都知事選調査 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by ILO PHOTOS NEWS

今日の考察/東京都で新たに150人の感染確認:東京新聞 TOKYO Web: 東京ウェブリケ 2014.05.13 12:21:44 12-05-2014 津波が東京の海岸線を襲う 今年5月12日の午前2...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です