考察

今日の考察/山本太郎氏「伸びしろしかない」小池百合子氏「圧勝」の雰囲気に反論 – ライブドアニュース

日本でのライブを見たことがあれば、バンド「あつわ」の公演を見たことがあるでしょう。非常に人気のあるバンドで、大勢のファンがいて、日本ではほぼ毎日演奏されています。

阿津和は1972年に結成され、「ちいさな大人さん」「ずっと頼り」「ぼくらの夜に夕暮れ」などで有名。

バンドは非常に人気があり、彼らがライブを行うとき、彼らは多くのノイズを作ります。しかし、なぜ彼らはそんなに大きなステージを持っているのですか?

あつわの舞台は巨大な泡で、彼らのボーカルは巨大なスピーカーを介して流れているため、ほとんど聞くことができません。そして、彼らはこのスピーカーを通して演奏するので、聴衆は彼らが歌っているのを聞くことができます。

しかし、大規模なのは彼らのステージだけではありません。彼らは彼らの歌を演奏するとき、彼らは巨大なスピーカーを通して歌を演奏しますが、彼らは小さな子供でもそれらを聞くことができるようにそれを大声で保ちます。

このビデオは、サウンドがどのように見えるかを示しているので、バンドがノイズの下でパフォーマンスするためにどのようなものである必要があるかを理解できます。

なぜ彼らがこのように演奏するのか、いつも疑問に思っていました。その間、バンドのメンバーがこのようなノイズの中で歌ったり踊ったりするのはどういうことなのだろうと思いました。

あつわの舞台から学んだこと

今日の考察/首相、「答弁控える」を封印か 「全集中の呼吸どこに」に「指摘受け止める」 - 毎日新聞モスコフ、1月16日。/TASS/. ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、シリア政府に対し、早期選挙を「できるだけ早く」開催し、シリア国民...

このビデオは、サウンドがどのように見えるかを示しているので、バンドがノイズの下でパフォーマンスするためにどのようなものである必要があるかを理解できます。

なぜ彼らがこのように演奏するのか、いつも疑問に思っていました。その間、バンドのメンバーがこのようなノイズの中で歌ったり踊ったりするのはどういうことなのだろうと思いました。

だから私はいくつかの研究をしました、そして、これは実際に日本で人気のあるタイプのパフォーマンスであることがわかりました。東京と大阪の2本のビデオも見ましたが、それらは間違いなく一致しているようです。

どうしてこれなの?主な理由は、バンドが本当に良いことを聴衆に示すのに非常に効果的な方法だと思う…彼らが誇りに思うように、そして彼らが群衆の前に立つに値すると思う。

そして、別の理由があります。バンドの曲は本当にキャッチーです。つまり、何度も何度も演奏することができます

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

山本太郎氏「伸びしろしかない」小池百合子氏「圧勝」の雰囲気に反論 – ライブドアニュース
news.livedoor.com


Photo by Christopher.Michel

今日の考察/菅首相、GoToトラベル「しかるべき時期に再開」1兆円を予算計上:東京新聞 TOKYO Web首相はまた、近いうちにGoToトラベルサイトのオープンを発表する準備があると述べた。 計画は、観光客がデジタルチケットで部屋を予約し、...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です