考察

今日の考察/大雨に警戒 24時間で300ミリも 各地の雨のピークは?(日直予報士 2020年06月29日) – 日本気象協会 tenki.jp

関連リンク

日本の次の6か月の降水量(2018-2022):

日本の夏季降水量は近年増加しています。環境省(MoE)によると、日本の夏の降雨量は2017年に平均463 mm(18.4インチ)、2016年には476 mm(19.0インチ)でした。

「過去20年間で日光の量が減少し、これが夏の降雨量の減少の主な理由です」とMoEのスポークスマンは言った。

MoEは日本北部の降雨量を追跡しません。しかし、気象庁のMoEデータによると、1月から8月にかけて埼玉県周辺の山岳地帯では、平均降水量が約536ミリメートル(18.5インチ)である。

北海道、霧島、秋田県を含む日本最北端の地域では、近年かなりの降雨が発生しています。

国立科学博物館のデータによると、北海道で最も多い降雨量は夏で、冬の降雨量は年間平均で約755ミリメートル(26.1インチ)です。

北海道の平均降雨量は年間587〜621ミリ(19.1〜24.2インチ)程度。

今日の考察/オーストラリア海軍が参加へ、日米印の共同訓練「マラバール」 - Bloomberg政府によると、日本の海上自衛隊は6月5日から13日までの2週間、「マラバー」と呼ばれる日米印合同演習に参加するという。 2週間の演習に...

霧島では、霧島で最も頻繁な雨季は5月から7月ですが、降雨量はこれらの月の間、年間平均467ミリメートル(18.5インチ)しかありません。

秋田県で年間降水量が最も多い秋田県では、夏季は約856ミリ(26.2インチ)、冬季は約609ミリ(16.1インチ)の雨が降ります。

出典:環境省、気象庁

ヨセミテ国立公園の「中空山」エリアは、写真家に人気のスポットです。

写真は、2017年7月21日月曜日の午前3時30分頃に市民ジャーナリストが撮影したものです。

(著作権2017 AP通信。無断転載を禁じます。この資料を公開、放送、書き換え、再配布することはできません。)

デトロイト-女性がデトロイトレッドウィングスと総支配人のケンホーランドを相手取って訴訟を起こし、町外での結婚式にホテルの費用として1,000ドルを支払うことができなかったためにチームから解雇されたと主張しました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

大雨に警戒 24時間で300ミリも 各地の雨のピークは?(日直予報士 2020年06月29日) – 日本気象協会 tenki.jp
tenki.jp


Photo by Darkroom Daze

今日の考察/「妊娠届」5月以降 大幅に減少 新型コロナ影響か | 新型コロナウイルス | NHKニュース日本の新規妊娠数は4月に1万4,843人と20年ぶりの低水準に落ち込み、最初の2ヶ月間は過去最低の出生数を記録していたことが月曜日に政府...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です