考察

今日の考察/パワハラ疑いで名和・北大学長解任へ 30日付、文科省が通知 – 毎日新聞

11月23日、国立教育研究所(NGAE)は、名誉豊氏が政府が任命することを可能にする国会によって制定された物議を醸している法律の合憲性に疑問を呈した後、「パワーハラスメント」について調査中であると北大学学長に通知した。自分の裁判官。

NGAEの調査は、名和が「司法当局の憲法上の義務を遂行する能力を妨害するために彼の行政当局を使用することによって司法の運営を妨害する行為」に従事し、「司法に影響力を行使しようと試みた」と結論付けた。調査はまた大統領が「最高裁長官の承認を得ずに司法官の任命を通じて司法行政に影響を与えるために公的機関を利用し、したがって司法を妨害した」と決定した。

NGAEの調査は、名和が5月23日に国会で制定されたいわゆる「裁判給与法典」の合憲性に疑問を呈した後に行われた。

2013年8月、NGAEは自民党が後援している北大学に所属する法学教授である玉井豊氏から、名和が法案に対する批判を撤回するよう圧力をかけたと申し立てを受けた。

玉井氏は10月23日、名和は彼に法律が違憲であると告げたと主張した。それから彼は名和に首席裁判官に連絡し、法律を撤回するように頼んだ。名和はこの要求を検討すると答えたと伝えられている。名和が玉井の事務所を訪問したのは、どうやらこの問題について話し合うためだった。

11月23日、NGAEとの協議の後、首席裁判長は、彼の懸念が取り組まれたことを玉井に通知しました。司法長官はまた、名和が司法行政に干渉したかどうかについて「NGAEの法律事務所に調査を依頼した」ことを玉井に通知した。最高裁長官はさらに、「私が司法の運営に干渉したと法律事務所が結論付けた場合、決定は公表されるでしょう」と述べました。

11月24日、NGAEは名和の行動は「不適切」であると述べた。調査は継続することでした。

今日の考察/「重点化」が「ゲンテン化」? 首相、所信表明で複数箇所言い間違い  - 毎日新聞首相は アジア太平洋をあきらめるつもりはないが、自由貿易圏ではないという現実を無視するわけにはいかない。 首相:アジア太平洋をあきらめ...

それ以来、NGAEは名和を解雇すべきかどうかを検討してきました。 11月30日の問題に関する公聴会で、NGAEの調査結果を検討するために最高裁判所から任命された退職した裁判官は、名和を解雇するよう勧告しました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

パワハラ疑いで名和・北大学長解任へ 30日付、文科省が通知 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by Aberdeen Proving Ground

今日の考察/米の新規感染者8万4千人 過去最多に - 産経ニュース"米疾病対策センター(CDC)が金曜日に発表した報告書によると、日本の感染者数は2年連続で最多となった。 2014年の日本の感染者数は4...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です