考察

今日の考察/都が新たなモニタリング項目設定|NHK 首都圏のニュース

2015年1月29日

東北電力(TEPCO)は20億ドルを費やして二酸化炭素排出量を削減する予定ですが、同社はまだ具体的な手順を披露していません。

金額は、原子力発電所周辺の「グリーンベルト」の建設や、問題に対処するための会社の設立など、いくつかの方策に分割されるように設定されています。

同社はまた、この地域に「緑の高速道路」を建設するプロジェクトにも着手しました。この道路は、森の中を走り、多数の鳥類の生息地となります。

ニューヨークタイムズ紙によると、この地域の「植物による汚染を減らすのを助ける」ためにグリーンベルトが設置されています。

東京電力の広報担当者は、「東京電力は原子力発電所を建設する計画はない」と述べ、「この地域の炭素排出量を削減する方法を検討している」と語った。

同社はすでに、発電所で石炭が燃やされたときに放出される可能性がある温室効果ガスである二酸化炭素の配電を監視する「電力監視システム」を設定している。

同社は、監視を改善するために地域全体に10万個のセンサーを設置することを望んでいますが、計画はまだ初期段階です。

レポートによると、同社は2010年以降、二酸化炭素排出量を16.5%削減しています。

今日の考察/京都の感染8人、女性会社員ら入院 新型コロナ、23日発表|社会|地域のニュース|京都新聞ナイジェリアで保健ワーカーの間でエボラ感染が2例確認された。 ボスニア ギニアでエボバンの疑いがある2例。 エボラウイルス病(EV...

しかし、一部の専門家は対策が十分であると確信していません。

東京大学の工学部教授である高山喜弘氏は、「炭素排出量をある程度削減する必要があるが、それでも十分ではない」と述べた。

同社は新しい原子炉の建設にさらに13億ドルを費やす予定です。

しかし、政府によるこの地域の原子力発電所への要求は懸念を引き起こし、一部の専門家はそのような施設の必要性について疑問を呈しています。

「現時点では、対策が機能しているかどうかはわからない」と高山氏は語った。

「心配している人たちが進歩していることを示すことが重要です。」

東北電力は、廃炉作業の中止を求める声が高まり、震災に対する監視が強化されている。

同社は、15,000人を超える人々が亡くなり、他の多くが行方不明になった災害への対応について、広く批判されてきました。

しかし、政府は犠牲者を補償するために利用できる資金が増えると述べています。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

都が新たなモニタリング項目設定|NHK 首都圏のニュース
www3.nhk.or.jp


Photo by Bennyboymothman

今日の考察/社民、分裂へ 立憲合流で離党容認:時事ドットコム憲兵隊、与党連合の分裂にもかかわらず結束を急ぐ 共同 角栄。 首相が提案した内閣案を支持しない 毎日新聞 安倍首相、月曜に新内閣案を...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です