考察

今日の考察/豚インフル、人に感染するウイルス株検出-パンデミックとなる恐れも – Bloomberg

CDCは今年米国で初めて豚インフルエンザの症例を確認しました。

H1N1インフルエンザ株は、バージニア州のブタで検出され、インフルエンザA豚インフルエンザウイルスと見なされています。ウイルスはまだヒトに感染しておらず、ヒトの症例は報告されていません。

保健当局は人々に屋内にとどまり豚との接触を避けるように助言しています。

インフルエンザウイルスは人から人へと伝染し、咳やくしゃみをしているときに飛沫を通過する可能性があります。

インフルエンザウイルスは、数日間環境に感染し続ける可能性があり、新たな感染の可能性につながります。

インフルエンザウイルスは、感染した人の手や顔に触れることで他の人に感染することもあります。

国立衛生研究所の呼吸器疾患部門の責任者であるロバートT.カリフ博士は、次のように述べています。

重度のインフルエンザ症状のある人は、タミフル(オセルタミビル)を含む抗ウイルス薬を服用することをお勧めします。症状が穏やかな人は、投薬なしでウイルスを処理できる可能性が最も高いです。

今日の考察/韓国への言及冷淡に? 菅首相演説「未来志向」消える:時事ドットコム韓国への生ぬるい言及? 菅氏の「未来志向」発言が消える 時事ドットコム女性 時事ドットコム女性 菅氏の未来志向のスピーチでは、日中両...

カーネギーメロン大学の電気工学とコンピューターサイエンスの教授であるクリス・ゾグラフォス氏は、「私たちが最初に話し合ったのは、そのすべてを始めた人です」と述べました。 「私たちが最初に言った人は、「あなたが知っている、私たちがこれを行うことができる十分なチャンスがあります。」そして男は言った、「はい、そうです、私がやります。行こう。」 」

カーネギーメロンの研究者のチームは、複数のセンサーからのデータを分析し、世界を理解する能力と意欲を備えた、最も複雑なコンピューターチップを開発しました。

カーネギーメロン集積回路(CMIC)と呼ばれるこのチップは、二酸化ケイ素と酸化銅の材料でできています。以前のどのコンピュータチップよりも複雑で、人間の脳と同じ手法を使用してデータを分析します。

カーネギーメロンの電気工学およびコンピューターサイエンスの教授であるアンドリュージャクソンは、次のように述べています。しかし、チップは未来を表すと彼は言った。

「これは私たちが今不可能だとわかっていることをする方法です」とジャクソンは言いました。

CMICは国防高等研究計画局(DARPA)が資金を提供するプロジェクトの一部です

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

豚インフル、人に感染するウイルス株検出-パンデミックとなる恐れも – Bloomberg
www.bloomberg.co.jp


Photo by Gilles San Martin

今日の考察/札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」 - 毎日新聞16:50 UTC. 東京消防庁は、被災地に避難していた人たちの説明を確認しました。 彼らは安全な場所にいて、雨から避難している。 1...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です