考察

今日の考察/対韓輸出規制の勝者はだれか 韓国が国産化で構造転換、安倍首相に「感謝」する実態 – 毎日新聞

しかし、ここ数年で最も目覚しい発展を遂げているのは米国の影響力の増大であり、米国は他の地域諸国に輸出管理政策を変更するよう圧力をかけています。トランプ政権は、長年続いている輸出制限の多くを排除することを提案しています。しかし、これは、例えば韓国が今やより多くの車を輸出できるようになるという意味ではありません。国は10年以上にわたって国内の自動車メーカーの開発を試みてきました。現在、競争力があるだけでなく、非常に優れた自動車を生産しています。新しいKia Sportageは、世界で最も売れている自動車の1つです。そしてそれはおそらく国で最も人気のある車になるでしょう。一方、韓国の自動車は依然として輸出規制の対象となっています。トランプ政権がこれらの制限を解除すると、韓国政府はすぐに輸出制限を引き上げ、輸入車の関税を引き上げ始めました。米国政府はこれについて非常に良い説明をし、米国の企業は韓国の自動車輸出の恩恵を受けていると述べました。ただし、これを自分で確認するには、次のWebサイトにアクセスする必要があります。http://www.export.gov/portal/export/SouthKorea http://www.export.gov/portal/export/Koreaslokorea

しかし問題がある:米国政府が韓国の自動車輸出に課した関税は非常に高い。それらは、米国政府が現在中国とメキシコからの車に課している関税より2倍高く、米国政府がEUからの車に課している関税の2倍です。米国が韓国の自動車輸出に課した平均関税は約15%です。言い換えれば、韓国の自動車輸出に対する現在の米国の関税は、1台の自動車あたり約900ドルに上ります。中国が米国への輸出に課している平均関税はわずか1.3%です。 EUが現在米国への輸出に課している平均関税は、わずか0.7%です。一方、米国政府が韓国を通じてより多くの自動車を輸出したい場合、米国政府が現在韓国の自動車輸出に課している関税の2倍(2.5倍)の関税を課さなければなりません。これはかなり注目すべき状況です

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

対韓輸出規制の勝者はだれか 韓国が国産化で構造転換、安倍首相に「感謝」する実態 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by Eufmd

今日の考察/【黒瀬悦成の米国解剖】トランプ氏は本当に負けるのか 再選へ4つのカギ(産経新聞) - Yahoo!ニュースケーシッチ氏の選挙管理者は、トランプ氏は「図々しく嘘をついている」と述べている(ワシントン・エクサミナー) - The Washingt...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です