考察

今日の考察/「ポスト安倍」が都議補選応援 岸田氏、二階氏と会食:時事ドットコム

オフィスにいられない場合は、オフィスに来てください。井上さんの仕事は、すべての部署だけでなく、オフィスも担当するので、みんなとよく知り合うことができます。渋谷区二世会会長。

これは進行中の作業です。コメントを送信してください:nisei@jiji.com

Center for American Progress Action Fundの分析によると、米国は今後10年間で1.65兆ドルをヘルスケアに費やす予定です。推定は、医療費の新しい議会予算局予測に基づいています。

CABOの推定値は、カイザー家族基金の分析やコンサルティング会社McKinsey&Companyのレポートなど、2023年までにメディケアの支出が膨らむ一方で、メディケイドの支出はわずか4.4%増加すると予測されている他の調査と一致しています。

CAPアクションファンドのポリシーアナリストであるマイクソマーズ氏は、「過去7年間の支出を超える余裕はない」と語った。 「私たちは現在、1人あたり約10,000ドルを医療費に費やしています。これは、将来心配する問題だけではありません。これは、人々を医療制度から遠ざけている問題です。すでに彼らの失業の最大の原因です。」

CAP分析はいくつかの重要な仮定を行います。たとえば、健康保険を必要とするアメリカ人の数が増加しているにもかかわらず、医療費は将来的に横ばいになると想定しています。

さらに、医療費の増加は医療インフレの着実な上昇の結果であると想定していますが、そうではありません。医療費は、過去半世紀のどの時点よりも過去10年間でゆっくりと増加し、実際には1990年代後半よりも低くなっています。

今日の考察/ワクチン接種で国内初のアナフィラキシー…ぜんそくの30代女性、5分以内にせき出てかゆみ : 医療・健康 : 読売新聞オンラインワクチンは、過去に受けたことがあればアナフィラキシーを起こす可能性があります。もし過去にワクチンを受けてアレルギー反応を起こしたことがあ...

最後に、医療費の増加は人口の高齢化によるものであると想定しています。それもそうではありません。人口が高齢化するにつれ、アメリカ人はより長く生きており、健康コストは彼らの年齢の上昇とともに上昇し続けています。

CAP分析は、政策立案者の出発点であり、政策立案者は、CAP分析を使用して、医療政策に関する決定を通知する可能性があります。短期的には、政策立案者はこの分析を使用して、全体的な医療費の目標を設定し、政策立案者がヘルスケアの改善に投資する方法と金額を決定する際の指針となるでしょう

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「ポスト安倍」が都議補選応援 岸田氏、二階氏と会食:時事ドットコム
www.jiji.com


Photo by Office of Governor Baker

今日の考察/小池都知事に「信頼関係薄れる」と抗議 緊急事態宣言めぐり神奈川の黒岩知事 - 産経ニュース17時50分:政府は数時間以内に住民の避難を認める決議を早期に検討する動きが予想されます。 17時40分:政府は、地震発生後の住民の安...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です