考察

今日の考察/【速報】緊急事態再宣言の可能性は? 東京新たに107人感染確認

神戸は大都市で初めて抗生物質耐性菌の出現を報告した大都市であり、薬剤耐性大腸菌の発生を報告したのは日本で初めて、そして世界で初めてです。

神戸市は、日本で初めて薬剤耐性大腸菌の感染事例が報告され、世界で初めて薬剤耐性大腸菌の出現を報告した。事件は4月29日に起こったが、4月30日の神戸タイムズで報道された。

薬剤耐性大腸菌の症例は4月30日の神戸タイムズで報道されたが、4月30日の神戸タイムズで報道された。

発生は、神戸市が水中のバクテリアのために市の給水を止めるよう命令された後に起こった。市の保健局長、木曽松井氏は、食物連鎖にウイルスが広がったことによる細菌感染症のケースだと語った。

神戸は薬剤耐性大腸菌の大発生の場所であり、2016年以来3人の感染者の診断につながっています。神戸タイムズによると、薬剤耐性大腸菌の症例は食物連鎖に広がっています。

市の水道は消毒され、神戸市保健局は感染源を確認し、緊急事態の再生の可能性を調査する調査を開始しました。薬剤耐性大腸菌の発生は、2015年に初めて報告されました。

出典:神戸タイムズ

今日の考察/青森県内コロナ感染、新規6人、累計149人に|行政・政治・選挙|青森ニュース|Web東奥日本最北の県の一つである青森県では、2016年10月にウイルスが初めて検出されて以来、146例の報告があり、2016年11月からは159...

ニューヨークヤンキースは、先発投手との契約を希望して冬に入った。ヤンキースは、トップのフリーエージェントスターターを探す余裕がなかったので、彼らの農場システムに助けを求めなければなりませんでした。

ヤンキースは、元トッププロスペクトのアロルディス・チャップマンを含む、ルール5ドラフトでいくつかのプレーヤーを見ましたが、ヤンキースは、ルール4ドラフトで行った作業に満足しています。

ヤンキースはマイナーリーグシステムの真ん中にいるので、さまざまな投手と実験して何が機能するかを確認する時間は十分にあります。ヤンキースにとって次の大きな問題は、ヤンキースの組織で19歳のメジャーリーグの見込み客として浮上しているショーンギルマーティンです。

12月に20歳になるギルマーティンは、2015年国際アイスホッケーリーグのヤンキースシステムに登場しました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

【速報】緊急事態再宣言の可能性は? 東京新たに107人感染確認
www.fnn.jp


Photo by Real Estate Japan Photos

今日の考察/青森県内コロナ感染、新規6人、累計149人に|行政・政治・選挙|青森ニュース|Web東奥日本最北の県の一つである青森県では、2016年10月にウイルスが初めて検出されて以来、146例の報告があり、2016年11月からは159...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です