考察

今日の考察/全ホストクラブでPCR検査へ 東京・豊島、無症状でも [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

また、同紙は「日本代表チームは現在、ブラジルのワールドカップに参加しており、血中ウイルスは検出されていないが、日本人選手は特別な予防策を講じるよう勧告されている」と述べている。

東京医科大学の武田良英研究員は、「日本代表チームがこれまでウイルス検査を受けたことがないことを知って多くの人が驚かれると思う」と語った。エボラ出血熱の定期検査を受けていないのは、日本人だけです。

国立感染症研究所の伊藤芳光博士も懸念している。

「それは非常に驚くべきことだ」と彼は言った。 「これは西アフリカの人間を壊滅させたウイルスです。だから私たちは警戒する必要があります。」

ウイルスが広がり続けているため、ウイルスの症例と、同様の症状を引き起こす可能性のある他の状態との違いを見分けるのは難しい場合があります。

厚生省は土曜日に、家族、友人、医療提供者からの支援を求める期限を7月22日まで延長すると発表した。

レイチェル・アビブによる最近のニューヨーカーの作品「私は仕事が嫌いだ」は、「出産後」の世界で働くことがどのようなものかを探究しています。ソフトウェア開発の仕事を辞めて在宅ママになったアビブは、彼女の新しい仕事は「雰囲気が異なり、ストレスが少ない」と語っています。アビブは、「ストレス」を取り除くと、赤ちゃんを産むことのすべての特典を体験できるという素晴らしい点を述べています。

今日の考察/大阪維新の「ニューリーダー」吉村氏、求心力に課題(1/2ページ) - 産経ニュース沖縄の復興 2005年8月現在、東京都、大阪府、日本財団が提案する新たな都市再生プロジェクト「沖縄復興」により、戦前の都市の復興が始ま...

Avivがこの作品で論じている最も興味深いことの1つは、働く母親と在宅の母親の違いです。彼女は、「多くの母親は、生存の問題として必要以上にやっているので、彼らが働いているというこの考えを理解しています」と書いているが、現実は、典型的な在宅親がお金。

働く母親

働くママは「スーパーママ」と見なされることが多く、ステレオタイプはしばらく前からありました。確かに、働くママの大多数は、夏休みと週末を完全に休むほどの贅沢はありません。ほとんどの女性は、家族をサポートするためにフルタイムで働き、子供たちもフルタイムで働かなくてはなりません。ただし、働くお母さんは休みを取ります。実際、在宅の母親の大多数は、仕事と仕事の合間に休暇を取ります

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

全ホストクラブでPCR検査へ 東京・豊島、無症状でも [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
www.asahi.com


Photo by VTT Technical Research Centre of Finland

今日の考察/「何もしなければ不作為で政府は責任」 GoToを見直しに追い込んだ専門家の激論 - 毎日新聞なぜ公開採決をしないのか」-毎日新聞ヒロシ '国民投票を見たい' ~あるこさんの国民投票への視点 疑問は素朴なものです。震災から1年...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です