考察

今日の考察/【速報】新型コロナ感染者 鹿児島県内4日だけで34人の感染確認

日本の通信社共同通信は6月12日、米国に6年間住んでいた42歳の日本人男性が、日本でウイルスに感染した最初の人物であると報じた。その名前は発表されていないが、3月に米国太平洋島のグアムを訪れた3人のうちの1人であった。男性はインフルエンザのような症状と発疹で日本の病院に入院してから2日後の3月22日にウイルスと診断されていました。その男性は、彼が下痢、発熱、および嘔吐を経験し始めた4月3日まで病気にならなかった。彼は4月8日に病院に入院しました。男性は、食欲不振や下痢などの症状を次の3日間経験し続けました。男は4月18日にエボラ出血熱がないことが判明した。男は東京大学病院に入院し、21日間隔離された。その後、彼はエボラ病の検査で陰性でした。

しかし、共同通信は6月12日、米国を訪問した別の男性も5月下旬にウイルスに感染したことが判明したと報じた。 5年間米国に住んでいた50歳の日本人である男性は、5月上旬にリベリアを訪れた男性と彼の妻、そしてもう1人の日本人3月にマリに旅行した市民。鹿児島で入院していた男性は、5月31日に東京大学病院に入院しました。6月3日にエボラ出血熱陽性で、すぐに隔離のため入院しました。男性と彼の妻も一緒に入院しました。男と彼の妻は、6月6日に3回目のエボラウイルス検査で陰性でした。

米国では4人だけがエボラウイルスに感染していることが確認されていますが、そのうちの1人はシエラレオネで患者を治療していたアメリカ人医師でした。

日本の感染者は現在危機的状況にあり、隔離センターに収容されています。彼は発熱の治療を受けており、点滴を通じて輸液を受けています。

一方、日本政府は最近米国を訪れた人がエボラウイルスに感染している可能性があることを警告しました。入院後、21日間隔離されていた。

最近西アフリカから帰国したさらに6人の日本人が同じ病院で検疫中です。

今日の考察/札幌市と大阪市が目的地の旅行、Go To トラベル対象外に - TRAICY(トライシー)これは初めてのことで、どう受け止められるかわかりませんが、旅そのものの話ではありません。旅行のことであって、いつまでガマンを我慢するかと...

エボラウイルスは、26か国で確認されている致命的なウイルスです

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

【速報】新型コロナ感染者 鹿児島県内4日だけで34人の感染確認
www.fnn.jp


Photo by dmitryzhkov

今日の考察/米新政権の国務長官に、中国への圧力の必要性主張するブリンケン氏起用へ…米メディア : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン福島原発を運営する】東京電力【東京電力】は「3、4号機を閉鎖する準備ができている」としている。2017年中にも稼働させたい考えだが、破損...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です