考察

今日の考察/「一緒に2階に上がっていれば」…熊本大雨、土砂崩れが民家飲み込む : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン

「あなたは最後までいい人です」

「あなたはこれを知っていますよね?」

電話を抜いた熊本さんはそう言った。

“はい私はそれを知っています”

「ありがとう、本当にありがたいです」

「あなたじゃないよね」

熊本はタフな相手に勝った人のように笑っていた。

もう涙を流していた熊本はそう言った。

「残りはお任せしますがいかがですか?」

“それは私ではありません。ご安心ください」

“わかります。どうもありがとうございました”

熊本は最後まで笑顔を浮かべていた。

「じゃあ行こう」

「わかりました、これをしましょう」

今日の考察/大阪維新の「ニューリーダー」吉村氏、求心力に課題(1/2ページ) - 産経ニュース沖縄の復興 2005年8月現在、東京都、大阪府、日本財団が提案する新たな都市再生プロジェクト「沖縄復興」により、戦前の都市の復興が始ま...

彼は空を見上げ、ベッドから立ち上がった。

二人は部屋を出た。

「急いで、ここ数日で買ったものをすべて詰め込んでください」

熊本はそう言った。

「残りはお任せします」

「わかりました」

二人は居間に向かいました。

「一緒にやります」

その時、扉の向こう側からは子供っぽい声が聞こえました。

「あなた、ゆきのさんですか?家をよく見ていきます」

彼女はドアを開け、そこに立っていた人物を見た。

「ああ、それはあなたです。家具を借りに来ました、ありがとうございました」

「よろしければ借りられます」

雪野はあいまいな表情で答えた。

「もっと寝たほうがいいと思う」

二人は互いに言葉を交わしていたが、

「ねえ、雪乃さん!」

“大丈夫です。ここに住んでいる人たちは私の友達です。これは私の家の私物であるとすでに言った」

「え?そうですか?!この場合、大丈夫ですか?」

「心配する必要はありません。ご安心ください」

雪乃の母が部屋に入った。

娘の姿を見て母親は深いうつ病に陥った。

娘の個性が透けて見えた雪乃の母親は、ますます心を痛めた

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「一緒に2階に上がっていれば」…熊本大雨、土砂崩れが民家飲み込む : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by Paul Howard Photo

今日の考察/大阪維新の「ニューリーダー」吉村氏、求心力に課題(1/2ページ) - 産経ニュース沖縄の復興 2005年8月現在、東京都、大阪府、日本財団が提案する新たな都市再生プロジェクト「沖縄復興」により、戦前の都市の復興が始ま...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です