考察

今日の考察/梅雨前線停滞「経験ないほど長い」 7日も広範囲に大雨:朝日新聞デジタル

今年の前半に降雨量が不足した主な理由のいくつか:

晴天の欠如

風がない

動きの遅いシステム

太平洋上の強い南向きの空気の流れ

雨の不足により、地すべりの数が増加し、高地での地すべりのリスクが高まりました。

大きな問題は、昨年後半も地面がまだ湿っていたことであり、今年はこの状況に変化の兆しはありません。

同氏はまた、「状況は悪化する傾向にある」と述べた。

今日の考察/バイデン政権、国防長官不在の異例事態…選挙後の混乱で閣僚承認まだ1人 : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン日本の石破茂防衛大臣(元米国大使)は、国会で承認されたにもかかわらず、退陣する菅義偉政権の後任を交代させる人事の中で欠席したと、関係者が...

これはかなり楽しい本です。多くの人が参考にしてくれているのに驚きました。子供のためにこの本を買う人もいます。筆者は子供が主人公である本を書いたといつも思っていました。しかし、この本を読んだ後、私はその本が本当にいくつかのレベルで書かれている可能性があることを発見しました。つまり、それは良い印象を与える方法と良い友達になる方法についての物語であるかもしれません、またはそれはビジネスと人生で成功する方法についての物語かもしれません。

この本は、子供たちが休憩しているところから始まり、彼らがしていることは、「かくれんぼ」をすることです。著者はさらに、多くの子供はかくれんぼをするのが悪い癖があり、その方法について読むために本を書きたいと言ったと言います。

この本の主要なテーマの1つは、一人の人間が世界を変えることが可能であるということです。一人の人間が人々の生活に変化をもたらす方法と、彼らが物事の進行にどのように変化をもたらすことができるかを知ることが可能です。

本の中で探求されている他の多くのテーマがあります。著者は、誰もが他人の生活に変化をもたらしたい方法と、ほんの少しの努力で世界の変化に影響を与えることが可能であると述べています。

主人公「ティンカー」は、物を隠したり見つけたりするのがとても楽しいです。彼は非常に好奇心旺盛な個人であり、彼は世界について知ることに非常に興味があります。彼は非常に創造的で、素晴らしい想像力を持っています。彼はまた、非常に面白いユーモアのセンスがあります。彼は少し天才的で、少し夢想家です

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

梅雨前線停滞「経験ないほど長い」 7日も広範囲に大雨:朝日新聞デジタル
www.asahi.com


Photo by ILO PHOTOS NEWS

今日の考察/米国務省、中国の台湾威嚇に「懸念」 バイデン政権、台湾との連携強化路線の継承鮮明に - 産経ニュース太平洋における「新たな戦略的現実」 - Asia Times 国防総省、アジアにおける米国の存在感を高めようとしている - Asia ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です