考察

今日の考察/九州北部、7日も猛烈な雨の恐れ…気象庁「地盤の緩みなど警戒を」 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン

本州と北海道、ならびに8日、9日、10日には、一部の地域で強風が発生し、暴風雨警報が出されました。

嵐は、9日の夕方に北海道と本州の島々を横切って移動すると予想され、10日には南日本と本州の北の島に影響を与えます。嵐は、8日と9日に九州、岩手、宮城、四国にも影響を与えると予想されています。

関東沿岸や東北沿岸は、他の地域よりも大きな打撃を受けることが予想されます。

気象局は、「広島」と名付けられた暴風雨システムは、今日の午後7時から午前7時頃に東日本を襲うと語った。

代理店は、自宅、職場、および路上での損傷から自分自身と財産を保護するための措置を講じるよう人々にアドバイスしています。

同庁は、「今夜、東日本と南日本では強風と雨が予想され、時速100kmを超える突風が関東と東北地方に達すると予想されている」と語った。

気象庁によると、午後1時現在、関東地方では20cm以上の雨が予想されている。

北海道では時速100kmを超える風が予想され、時速120kmを超える突風が東北地方に到達すると見られている。

今日の考察/菅首相、解散を探る「神経戦」 来年なら…4月? 7月? 9月? - 毎日新聞脚光を浴びることでも知られる首相は、自分の計画を国民に知られないようにしておくことを決意している。 "私は何も発表するつもりはない "...

嵐は両方の地域で夕方までに弱まると予想されている、とエージェンシーは言った。

当局によると、嵐は6日の夕方までに全国的に移動することが予想されており、可能な最大風速は120 km / hであるとのことです。

エージェンシーは人々に彼ら自身と彼らの財産を保護するための予防策を講じるように促しています。例えば、避難所で身を守ること、コートを脱ぐこと、そして停電した電線から離れることです。

嵐は10日夜まで続くと予想され、時速115kmの最大の突風が日本北東部に到達すると予想されています。

エージェンシーは人々に高齢者や傷つきやすい隣人をチェックし、コートを脱いだり、停電した電線から離れたりするなど、所有物を保護するための予防策を講じるように求めました。

当局は、雨が停電を引き起こす可能性があると警告し、雨にさらされた場合は、覆いを取る、コートを脱ぐ、停電した電線から離れるなど、特別な予防策を講じるよう人々に促しました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

九州北部、7日も猛烈な雨の恐れ…気象庁「地盤の緩みなど警戒を」 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by Matt Lavin

今日の考察/建設中の外環道 シールドマシン2基とも停止 調布市内の陥没事故で 有識者会議開く | 乗りものニュース2,800トンの鋼材が大河湖の上を通る高架道路を作るのに使われていた - Ride On Newsjriwal 午後7時30分。 大河...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です