考察

今日の考察/安倍首相、法相任命の責任痛感 1.5億円「党が説明」―河井夫妻起訴:時事ドットコム

ニュースメディア

読売新聞

ソース:ジジ

米国防総省によると、米軍は、テロとの闘いに新たな重点を置くというドナルド・トランプ大統領の決定に応じて、新世代の戦闘機をトルコの基地に配備した。

国防総省の報道官、ジェフ・デイビス大尉は記者団に対し、米軍が過去10年間開発してきたステルス戦闘機の最新モデルであるF-35Bが、トルコ南部のインシルリク空軍基地に到着したと語った。

「この航空機があり、現在整備中である」とデービス氏はF-35Bについて言及した。 「それは今日イタリアに向かっている。」

米海兵隊F-35Bジョイントストライクファイターは、2014年9月25日、米海軍と米空軍による共同飛行中に見られます。

デイビス氏は、この機体はどの戦争ゾーンにも配備されなかったが、シリアとイラクのイスラム国家グループとの戦いにおける米国主導の連合の一部であったと語った。

今日の考察/大阪都構想、前回世論調査から僅差で賛否逆転 反対43・6%、賛成43・3% - 毎日新聞"これまで何度も言ってきたように、今は東京が軽率な動きをしている場合ではない。 慎重になる必要がある」と橋下徹市長。 "都民は変化に投...

シリアとイラクで戦うためにもっと多くの米軍を派遣するというトランプの決定は、その地域のNATO同盟国によって批判されました、そして、その動きは難民の危機を悪化させて、地域の不安定さを増加させると言いました。

米軍によると、米国主導の連合は、2014年以来、シリアとイラクでイスラム国家目標に対して6,500回を超える空爆を開始しました。

米軍はまた、ISと戦うシリアに特殊作戦部隊を少数派遣していると、固有の解決策として知られる米軍のスポークスマンは言った。

米軍によると、米国はトルコ政府の要請により、2015年の夏以降、インシルリクに約500人の米軍を駐留させている。

米軍とトルコの当局者は、F-35Bを配備するための新しい協定の条件を交渉しています。F-35Bは、米軍とその同盟国が米国に着陸することなく、軍事任務の3分の2を飛行させることができる航空機です。空軍基地。

デービス氏は、F-35Bが今年末までに運用可能になることを目標にトルコに配備されると語ったが、それはおそらく協定の条件に関するトルコと米国間の協議の結果に依存すると警告した。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

安倍首相、法相任命の責任痛感 1.5億円「党が説明」―河井夫妻起訴:時事ドットコム
www.jiji.com


Photo by peterolthof

今日の考察/道内の感染者 6日ぶり20人台|NHK 北海道のニュース2017年8月5日 ゥ 北海道での感染者数は、前年比23%増の1万9841人となったとNHKが1日報じた。 北海道の保健省は先月、英...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です