考察

今日の考察/週間天気予報 来週も大雨警戒 梅雨前線の停滞続く 7月12日(日)~7月18日(土) – ウェザーニュース

気象予報によると、豪雨と突風、気温が25度前後と高い嵐の週末。

「雷雨は土曜日の夕方に発生し、日曜日の午後まで続く可能性が非常に高いです。大雨および潜在的に風を損傷するリスクは、気温の上昇とともに増加します。その結果、強風や洪水のリスクは、突風警報が発令された」と語った。

国立気象局は国の中央と南東に厳しい気象警報を出しました、そして、Met Officeは土曜日に時速130kmまでの風の警報です。

Storms of the Centuryのウェブサイトには、国の中央と南東で大雨と突風が洪水、道路と鉄道の閉鎖、停電を引き起こす可能性があるという警告があります。

「条件が改善すれば、洪水のリスクは減少するが、鉄砲水は依然として起こりそうだ」とウェブサイトは述べた。

「条件が悪化すると、風を害したり、突風の警告を発したりするリスクが高まります。最大のリスクは、次の領域で発生します。

サウスカンタベリーからタウランガまでの海岸

ウェリントンからインバーカーギルまでのウェリントン地域

ヘイスティングス、ワイカト、ベイオブプレンティ

ウエスタンベイオブプレンティとワイララパ

オタゴからネルソンまでの東海岸

今日の考察/小池都知事に「信頼関係薄れる」と抗議 緊急事態宣言めぐり神奈川の黒岩知事 - 産経ニュース17時50分:政府は数時間以内に住民の避難を認める決議を早期に検討する動きが予想されます。 17時40分:政府は、地震発生後の住民の安...

クライストチャーチからロトルアまでの南の島

オークランドからネルソンまでの北の島

クイーンズタウンからネイピアまでの南の島

オークランドとワイタケレからファンガヌイまでの内陸

オークランドからオークランドまでの北の南の島

タウランガからマールボロまでの北島

ワイロアからタウポまでの東海岸

「突風を損傷するリスクは、次の領域で非常に高くなります。

ホークスベイを含む南島

北島

北島を含む南島を含む南島、北島を含む南島

北島

南島を含む北島を含む北島」

国立気象局は、荒天は土曜日の朝までに緩和されると語ったが、警告はニュージーランドの東海岸に向けられている。

気象学者のサイモン・ルイス・オーエン氏は、今朝の午前10時ごろには天気予報はより明確になると語った。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

週間天気予報 来週も大雨警戒 梅雨前線の停滞続く 7月12日(日)~7月18日(土) – ウェザーニュース
weathernews.jp


Photo by Billy Wilson Photography

今日の考察/国政「前哨戦」自民に逆風、公明自主投票 与野党対決の千葉知事選 | 毎日新聞新聞に掲載されている。日本政府は参院選で自民党が自民党の単独過半数に達するのを阻止しようとしている。自民党は2012年12月に保守系の安...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です