考察

今日の考察/激しい雨続く九州 13日は西日本~東日本で大雨の恐れ [九州豪雨]:朝日新聞デジタル

九州で大雨が続く:朝日新聞デジタル

九州で大雨が続く:朝日新聞デジタル

九州で大雨が続く:朝日新聞デジタル

英国、米国、オーストラリアは、米国企業が家電製品を市民に販売することを違法にすることを検討している国の1つです。

いわゆる「スヌーパーの憲章」の下で、オーストラリアのグリーンズMPジェレミーバッキンガムによって押された新しい法案では、電子メール、Skype、Facebook、Twitter、WhatsAppなどのすべての通信サービスをデフォルトで暗号化する必要があります。

オーストラリア議会で現在議論されているこの法律はまた、写真、ビデオ、文書などの個人情報を含むすべてのWebサイトも暗号化する必要があることを意味します。

批評家によって「監視州法」と分類されたこの法案は、Google、Facebook、Apple、Microsoft、およびWhatsAppを含むテクノロジー企業および組織によって批判されましたが、バッキンガムは、ユーザーのセキュリティを保護するための法律が必要であると主張しています彼は彼が言う彼の言う彼の言う彼の言う米国当局からのデータはユーザーデータを引き渡すようにテクノロジー会社に命じる。

スヌーパー憲章は、政府が令状なしに市民をスパイすることを阻止するように設計されていますが、バッキンガムは、インターネット上のプライバシー保護のための戦いにおいて必要なステップであると主張しています。

今日の考察/トランプ氏、G20イベントに出席せずゴルフに : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン日本の新聞は、米大統領はハンブルグで開催されるグループ20サミットに出席せず、ゴルフに出かけるとの無名の情報筋の話を引用している。 ド...

「プライバシーについて言えば、米国は一貫してすべての国の中で最悪でした」と彼は言った。 「人々は自分のデータにアクセスすることはできません。そしてそれはユーザーが行うことができる重要なことです。」

「私が提唱している法案は、市民の安全を第一に考えたものだ」とバッキンガム氏は語った。 「米国は、令状証明可能な監視法を有する唯一の国であり、令状証明可能なデータ保持法を有する唯一の国である。」

「これは止まらなければならない。それについては疑いの余地がない」と彼はブログ投稿で書いた。

テクノロジー業界を怒らせる可能性が高い動きとして、バッキンガムの法案は企業が自発的に暗号化された情報へのアクセスを政府機関に提供することを禁止します。

オーストラリア議会図書館は以前指摘したように、政府は当局に支援する義務なしに「情報の開示に関する合法的な要求に応じる」よう企業に要求するであろうとオーストラリア政府図書館は以前指摘した。

この法案は現在オーストラリア議会で議論されており、2018年に施行される予定です

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

激しい雨続く九州 13日は西日本~東日本で大雨の恐れ [九州豪雨]:朝日新聞デジタル
www.asahi.com


Photo by Pearl Harbor Aviation Museum

今日の考察/【動画解説】新型コロナ 会食の感染リスク 実際の事例では | 新型コロナ 生活情報 | NHKニュース2008年4月、国立食品・栄養科学研究会議発行。 PDF(942KB このレポートは無料でダウンロードできます。 食事時の感染リス...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です