考察

今日の考察/唖然…沖縄で「コロナ大感染」恐れていた最悪の事態が起きてしまった(現代ビジネス) – Yahoo!ニュース

海軍から解雇された「禁止された」本について話します。

1991年、私はUSSボンオムリチャード(FFG-7)のコマンダーズメイトとして補佐を務めました。私は非常に上級の将校で、20人の船員のうち4人がフルタイムのミッションの女性でした。 USSボンオムリチャードはペルシャ湾に配備され、同クラスの主力艦である米空母機動部隊を保護しました。彼女は大量の物資を持ってペルシャ湾に向かう途中でした。日常的なパトロール中(彼女がその時パトロールを行っていた唯一の時間)、私たちはソビエトのミサイル防衛システムによって検出されました。ソビエト連邦が私たちを発見してから最初にしたことは、大量のミサイルを私たちに向けて発射することだったと私は確信しています。私たちの周りに大量のミサイルが発射されました。幸い、これらのミサイルはどれも私たちを攻撃しませんでした。しかし、それは危機一髪であり、私たちは多くの被害を受けました。私はなんとか船から逃げ出した乗組員の一人でした。翌日、船内での業務が軽減されるとの連絡を受け、帰宅した。

米国に戻るか、別の船に乗り換えるかの選択肢がありました。当時は海軍だったので、アメリカに戻ることにしました。私は船から別の船に移されました。それは300人以上の乗組員がいるUSSグリーンベイ(FFG-55)でした。私は船の義務から解放され、司令官の仲間として以前の立場に戻されました。

私は家に送られることに非常に動揺し、次に何が起こるかについて準備ができていませんでした。その後、海軍がどれほど変化したかを知り、起こった出来事について本を書くことにしました。私の友人、海軍の元将校は私に電話で小説を書くように説得しました。私はビジネスの経験がほとんどなかったので、ビジネス、お金、政治について私が知っているすべてのものを小説に入れるように勧めました。最初のドラフトが終わった後、私は信頼できる2人の助けを借りて自分のアパートでそれを始めました。私は契約を結んでおらず、「USSボノムリチャード」というタイトルしか持っていませんでしたが、それは私には関係ありませんでした。私がしなければならないすべては本を書くことだと知っていました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

唖然…沖縄で「コロナ大感染」恐れていた最悪の事態が起きてしまった(現代ビジネス) – Yahoo!ニュース
news.yahoo.co.jp


Photo by komehachi888

今日の考察/トランプ氏、「抵抗」限界か ミシガン州の共和党幹部が反旗、陣営は感染相次ぐ - 毎日新聞本当の問題は、民主党が草の根の活動家や支持者の力を借りて率先して再建できるのか、それとも最後の戦いに行き詰っているのか、ということだけで...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です