考察

今日の考察/GoToトラベルが7月22日から開始…新型コロナウイルス感染の恐れはないのか

2015年7月30日10:57 AMに投稿•57コメント

世界最大のプライベートファンドマネージャーは、ビットコインへの最初の投資を行っています。しかし、それは少し型破りです。

この問題に詳しい人々によれば、世界最大のミューチュアルファンドプロバイダーであるフィデリティは、自身のファンドを使用して2億5000万ドル相当のビットコインとイーサリアムを購入しています。

サードパーティがビットコインと他の2つのデジタル通貨に投資するためには、フィデリティが原資産に投資する必要があります。フィデリティは自社の資金で投資できる資産を探しているが、顧客の資金で投資できる資産も見つけると人々は言った。

人々によると、この買収は、伝統的なミューチュアルファンドではない一流ファンドの最初のものです。契約は完全ではない、と彼らは言った、そして公式発表は期待されない。

Fidelityは、ビットコインを長期的な投資と見なしている多くの企業の1つです。多くの伝統的な投資家はビットコインとイーサリアムに慎重であり、最近の価格変動を考えるとほとんど価値のない投機的な資産であると考えています。

しかし、デジタル通貨の高騰する価値(今年は1,100%を超える)は、一部の投資家に魅力をもたらしました。

Fidelityは、最初のビットコインへの投資と、今年6,000パーセント以上増加したイーサリアムへの最初のビットコイン投資を行っています。米国最大のビットコイン取引所であるコインベースは、さらに2年間ビットコインを保有すると述べています。

今日の考察/京都の感染8人、女性会社員ら入院 新型コロナ、23日発表|社会|地域のニュース|京都新聞ナイジェリアで保健ワーカーの間でエボラ感染が2例確認された。 ボスニア ギニアでエボバンの疑いがある2例。 エボラウイルス病(EV...

フィデリティのビットコインへの投資は、それがインフレに対する長期的なヘッジであることに賭けています。ファンドは追跡可能なデジタル資産のバスケットを購入していると問題に詳しい人々は言った。

過去に、フィデリティは金と株に賭けていました。たとえば、2013年に、ファンドは金に裏打ちされた優先株の一種である「ギルト」債を購入しました。そして2014年には、カメラ会社のGoProに少額の株式を取得しました。

フィデリティは、資金を「新興市場、上場企業、民間企業、政府証券、投資信託、および上場投資ファンドを含む幅広い分野の資産」に投資する計画を立てていると述べた。また、資金を使って株式や債券、「不良債権、不動産、代替資産」に投資するとしている。

ファンドマネージャーはすでにビットコインに大きな利害関係を持っています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

GoToトラベルが7月22日から開始…新型コロナウイルス感染の恐れはないのか
www.fnn.jp


Photo by albyantoniazzi

今日の考察/「重点化」が「ゲンテン化」? 首相、所信表明で複数箇所言い間違い  - 毎日新聞首相は アジア太平洋をあきらめるつもりはないが、自由貿易圏ではないという現実を無視するわけにはいかない。 首相:アジア太平洋をあきらめ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です