考察

今日の考察/強雨ピーク越えても土砂災害に警戒 – ウェザーニュース

-あなたは

-それは

-あなたは

-あなたは

-あなたは

-あなたは

-あなたは

(7)-その場所でより良い。ヘブライ語はギリシャ語で同じですが、強調されているのは「それ」(「どれ」)だけです。

彼は砂の線を越えてはならない(創世記42:34)。

今日の考察/大阪都構想、前回世論調査から僅差で賛否逆転 反対43・6%、賛成43・3% - 毎日新聞"これまで何度も言ってきたように、今は東京が軽率な動きをしている場合ではない。 慎重になる必要がある」と橋下徹市長。 "都民は変化に投...

詩7。

主はモーセに言われた、「見よ、イスラエルの民は小川の真ん中に上り、紅海を通過するであろう。彼らは滅びないように、海の真ん中に陸に入ってはならない。

(7)

前にジャンプ

次へジャンプ

リンク集

-ここで使用される動詞は、時間の間隔を表すために使用される2サムエル24:9の動詞とは異なります(創世記42:34、「砂のラインを超えてはならない」を参照)。 2サムエル21:23、「あなたは川の線を越えてはならない」)。ですから、主はイスラエル人が通過しなければならなかった期間を指定するためにそれを使用しました(出エジプト記37:11出エジプト記37:12の注を参照してください)。この箇所は、次のように、物語の同じ行にありますが、それの後の部分。主が彼に語られた理由は、彼が悪がどのように行われるべきかを見て、イスラエルの人々がエジプト人の手で滅びるべきであるということでした(サムエル記上第24章9節、創世記第42章24節参照)。水はエジプト人とイスラエルの人々の上に降りてくるでしょう。」);そして、「主は……砂の線を越えて渡されることで苦しむことはない」(出エジプト記37:11出エジプト記37:12)。「線」と訳された言葉は、たとえ言葉が意味するときでさえ、ヘブライ語にはない人間の生息の連続的な系統(創世記42:34を参照)。これは、この意味でナイル、次の箇所、聖書の他の場所、同じ意味で、紅海からエジプトに入り、西から地中海に流れ込む小川に適用される通常の言葉です。しかし、それはより広い意味で使用されています。これは、小川が同じ種類であること、またはナイル川が地中海に連続して流れることを意味するものではありません。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

強雨ピーク越えても土砂災害に警戒 – ウェザーニュース
weathernews.jp


Photo by Diego Sideburns

今日の考察/「重点化」が「ゲンテン化」? 首相、所信表明で複数箇所言い間違い  - 毎日新聞首相は アジア太平洋をあきらめるつもりはないが、自由貿易圏ではないという現実を無視するわけにはいかない。 首相:アジア太平洋をあきらめ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です