考察

今日の考察/稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声 – 毎日新聞

稲田氏のピンチ:保守派はリベラルな女性の政策に追いつけないと言っている-毎日新聞

日本の保守的な安倍晋三首相は月曜日彼が彼が執行権のシステムを再形成することを可能にする国の戦後憲法への変更を要求すると発表した。

安倍首相は、与党自民党の権力維持に向けて、戦後憲法第9条の改正を求め、戦後の政治秩序の書き換えを推進する。 2012年12月に就任した安倍氏は議会の多数派であり、年末までに憲法改正を制定することを望んでいる。

安倍首相は記者会見で、「第九条の改正を主張する」と述べ、国会の効率化につながるとの考えを示した。

首相の目的は、日本が世界の主要国の1つとしての地位を維持することを保証することですが、軍事的脅威はありません。国会はもはや拒否権の力を持ちません。

日本の政治体制が整う中、安倍首相の取り組みは野党からの強い反対に直面する可能性が高い。

現在の憲法では、日本軍は軍事紛争を起こすことができる唯一の政治勢力です。

1996年の東京オリンピックで、国会の当時の議長であった阿部あきえは、国会が軍の演習を承認するために3分の2の過半数を通じて戦争関連の法律に投票することを要求するよう憲法を変更することを提案した。

今日の考察/加藤官房長官、04年文書「将来の任命拒否の可能性排除するものでない」 - 毎日新聞"内務省の決定を外務省に知らされていたとしても、外務省の拒否権を持つべきではない" - 外務省 "詳細は知らないが、外務省は任命を辞退...

国会からの強い反対により、提案は成立しなかった。しかし、「平和の責任者」の役割を生み出すであろう2005年の同様の提案は、国会の参院を可決した。

安倍首相は、「第9条の目的は、緊急時や国際情勢に応じて、日本国民が武力行使を決定できることを保証することである」と述べた。

第9条変更の提案も野党の強い反対に直面する可能性が高い。

安倍首相はまた、約40年ぶりに日本の首相として、国会に戦後の憲法改正案の承認を求めた。

2010年に完成した草案は、60年以上にわたる3番目の憲法草案です。

安倍政権は2012年から第9条の改正を提案している

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by tetiana.far

今日の考察/札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」 - 毎日新聞16:50 UTC. 東京消防庁は、被災地に避難していた人たちの説明を確認しました。 彼らは安全な場所にいて、雨から避難している。 1...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です