考察

今日の考察/焦点は佐川氏の関与 公文書改ざんの核心、解明されるか:朝日新聞デジタル

元政府高官であり、政府が支援する高齢者研究財団の現在の責任者である佐川豊は、このドキュメント改ざんのエリートグループの最も著名なメンバーです。

佐川が「高齢者研究財団」というグループで活動していた文書改ざんグループによると、さまざまなプロジェクトに対する政府の支援を得るために文書を改ざんしました。グループはまた、政府に影響を与えようとする文書を偽造した。

問題の文書には以下が含まれます。-日本政府の「北海地域開発計画」。これは環境省によって作成され、北海の漁業を支援するために設計されました。 -環境省が作成した「地中海南部の日本開発計画」。 -日本政府が作成した「地中海南部、西地中海、黒海海域の開発計画」。 -環境省が作成した「北海地域開発計画」。 -英国政府が作成した「ヨーロッパ地中海地域の開発計画」。

これらの文書はすべて、日本政府が北海に産業基地を設立することを望んでいたことを示しているはずです。

佐川グループが文書を改ざんし、メディアへの配布に成功。

これは1950年代の半ばでした。

それまでに、佐川は彼の父が率いる老人のための研究機関である財団の責任者でした。

今日の考察/Go To トラベル、札幌市と大阪市出発分も利用自粛呼びかけ - TRAICY(トライシー)2015年3月7日、警視庁刑事部捜査一課の審問委員会は、エアアジア・ジャパンの最高経営責任者に、エアアジアがバンコクからシンガポールに向...

彼の父親は佐川とも呼ばれ、1930年代後半に日本の外務省の長を務めました。それはそれとは関係ないと思います。

同省で働いていた彼の元同僚の一人から聞いた話は、佐川は1950年代半ばに小学生の校舎の使用をめぐって文部省との紛争に巻き込まれたというものでした。これは彼の父親に彼に省に報告を書くように頼むように促し、教育省は学校の建物の使用についての議論で彼の報告を使用するように促しました。佐川はまた、警察署の新設をめぐって法務省との紛争にも関与していた。当時、両省は協力していたが、佐川もその論争に関与していた。

結局、佐川は彼が関与していたいくつかの文書を改ざんしたことが判明した。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

焦点は佐川氏の関与 公文書改ざんの核心、解明されるか:朝日新聞デジタル
www.asahi.com


Photo by Angeles Chapter History Committee

今日の考察/新型コロナ分科会「今後3週間で集中して対策を」 街では「やむを得ない」との声も午後5時:町内の警察署に数名の反汚職・反腐敗運動家が連行されているとの報告がある。 5時30分:反対派が町長に会うために町役場に向かっ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です