考察

今日の考察/東京293人 陽性率も上昇…15日は6%|日テレNEWS24

総務省によると、今年第2四半期に家族からの嫌がらせを受けたと回答した人の数は2,945人に達し、2012年第1四半期以来の最高の数値となった。

警察による暴力の対象となったと報告した人の数は、第2四半期に22%増加して1,835件になりました。

パートナーからの暴力の被害者であると報告した人の数は、27%増加して1,844人になりました。

6月9日に発表された総務省の最新の年次報告書によると、パートナーから嫌がらせを受けていると答えた人の数は3%増加し、その数は2%増加しています。パートナーに対する暴力事件。

パートナーによる物理的な攻撃を受けたと報告した人の数は、2016年に10%増加して2,940ケースになり、2015年には10%減少して1,932ケースになりました。

2016年には、人物が攻撃され、パートナーに攻撃されて負傷した事件が9,746件発生しました。

また、2016年には、家族による暴力の被害者であると報告した人が2015年よりも3.8%多い一方で、パートナーからの暴力の被害者であると報告した人は4.2%少なかった。

家族に殴られたり平手打ちされたりしたと報告した人の数は、2016年に7%増加して1,868人になりました。

今日の考察/菅首相長男から接待の山田真貴子氏 広報官を継続「首相から指示」 給与は自主返納:東京新聞 TOKYO Web菅首相の末っ子7歳男児が官房長官に就任しないことになった。 内閣府は2日、安倍晋三首相の末っ子の妻である安倍昭恵氏が、首相の指示で政府...

家族からの肉体的暴力を受けたと報告した犠牲者のうち、10%が顔を殴られたと述べました。 15%が物体にぶつかったと答えました。そして、14%は彼らが殴られたと言いました。

レポートによると、2017年のパートナーによる物理的な攻撃を受けたと報告した人の数は8%減少しましたが、2017年の最初の3四半期にパートナーによる物理的な攻撃を受けたと報告した人の数は3%増加しました。

この2014年10月19日の写真では、労働者が中国の深センにあるソーラーパネル工場で新しいソーラーパネルを検査しています。 (写真:AP)

米国の太陽光発電に関しては、太陽光発電がこれまでになく簡単になりました。

太陽光およびその他の形態の再生可能エネルギーは、かつてないほど安価で豊富であり、エネルギー源の将来に対する不確実性が少なくなっています。これは、屋根に太陽光を設置したいと考えている顧客、投資家、企業にとって朗報です。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

東京293人 陽性率も上昇…15日は6%|日テレNEWS24
www.news24.jp


Photo by International Railway Summit

今日の考察/緊急事態宣言 関西・中部5府県の月内解除を26日決定へ | 毎日新聞関西電力は、高さ約1,000メートル、容量4,000メガワット(MW)の巨大な水車2基を含む国内初の洋上風力発電所の建設を進めています。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です