考察

今日の考察/リツイートしただけで著作者人格権を侵害し得るという判決が最高裁で確定(栗原潔) – 個人 – Yahoo!ニュース

日本の最高裁判所が政治的目的のためのソーシャルメディアの使用に関する事件を裁定するまでに、高等裁判所がソーシャルメディアを広めるために違法であると高等裁判所が判決した楠俊順事件の事件から10年以上が経過した。偽のニュース。

公益弁護人楠楠が提起した裁判の判決は、言論の自由と平和的集会の権利は、政治的目的のためのソーシャルメディアの誤用には及ばないというものでした。

裁判所の決定は、公益主義の原則に基づいており、それは、法学者飯島功がソーシャルメディアに関する論文で詳しく述べたものです。飯島氏はそのエッセイで、「公益」は言論の自由の原則の一般的な概念であり、言論の自由だけの権利ではなかったと主張した。飯島氏は、言論の自由の権利は言論自体を広める権利に限定されるべきではなく、言論の自由の権利は「社会の利益に対処する」「公衆の議論を奨励する」言論を保護するために拡大され得ると主張した。

飯島氏の言論の自由に関する著作は広く受け入れられた。飯島のエッセイの1つは、国際障害者権利擁護財団の本や「日本のソーシャルメディア法に向けて」という本に掲載されました。 (飯島はこれらの作品を判決の前後に公表したかどうかを判断することはできなかった。)これらの文章は判決の根拠として広く用いられた。

栗原清氏は、今回の判決により、ソーシャルメディア乱用の新時代への扉が開かれたと主張する。

「最高裁はリツイートが著者(栗原清)の道徳的権利を侵害する可能性があることを確認した」と栗原清はブログ投稿で書いた。 「これは、ソーシャルメディアの投稿や政府による投稿を監視する目的で公共の利益の原則を適用する方向への一歩です。」

今日の考察/栃木の山火事、住民に避難勧告 約70世帯、3日間燃え続ける(共同通信) - Yahoo!ニュース東京都内。山形県の山林の焼失の影で暮らす人々が、環境に害を与えない「かごめ」(保養地)をつくろうと、山林の焼失を続けている。 木曜日の...

栗原清氏は、事件の一部に基づいており、政治的スキャンダルの真っ只中に捕まった10代の2人の人生を描いた小説「楠木俊介」の著者です。栗原清は、朝日新聞の姉妹紙である東京新聞の記者で、事件でソーシャルメディアの記事が引用されたジャーナリストです。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

リツイートしただけで著作者人格権を侵害し得るという判決が最高裁で確定(栗原潔) – 個人 – Yahoo!ニュース
news.yahoo.co.jp


Photo by napkinshoe

今日の考察/足利の山火事「ここまで長引くとは」 近隣住民、早期鎮火願う - 産経ニュースこの地域の家々は、火の近くにあるので、炎が近づきすぎると、炎に包まれる可能性があります。 日曜日の早朝に始まった火は、住民が地域から逃...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です