考察

今日の考察/「業者苦しめる」日替わりGoTo 「分かりにくい」見切り発車に不満噴出 – 毎日新聞

-毎日新聞

「鈴木楽派」決勝について

(これは「Daily GoTo」の発行物です。これは「Daily GoTo」の発行物です。 『経験について』を繋せていく知れて​​います)

以下は、仕事の将来についての本「ノー・ウェイ・アウト」の著者であるマイケル・ブラウンからのゲスト寄稿です。

仕事の将来についての議論は、何十年もの間左と右で激怒しているものです。左の人々にとって、「技術的失業」と呼ばれるものによって支配される未来を恐れる多くの理由があります。右の人たちにとって、そのような将来の見通しは良いニュースと見られています。しかし、将来の仕事に利害関係を持つ人々にとって、そのような恐れは見当違いであるように見えます。確かに、仕事の未来は、高品質で低コストの仕事の未来である可能性が高く、ロボットによってますます行われています。

作業の将来に関する国際ロボット連盟(IFR)の新しいレポートは、ロボットによって行われる作業のシェアが2025年までに10%から約40%に増加すると予測しています。米国は実際に今後10年間で4.5%減少するでしょう。その理由は、テクノロジーによってより多くの作業が可能になるからです。

IFRからのこのレポートは、それがどのように発生するかを正確に説明しています。米国では、ロボットが行う作業のシェアは、ロボットがより安く、より便利になり、より自律的になるにつれて、増加するでしょう。長期的には、マシンが作業の大部分を行うグローバルな労働力の台頭が見られます。

今日の考察/国内のコロナ重症者440人、6日連続で最多更新 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン重度のコロナ患者数は日本で6日連続で4449人に急増している。 日本の雑誌「読売新聞」によると、日本では先月12月21日から重度のコロ...

「ロボットは、熟練度の低い手動作業の多くに取って代わるものです。トラックの運転のほとんどに取って代わるでしょう」とIFRのCEO、David Autorは語った。 「彼らはほとんどの在宅医療に取って代わるでしょう。彼らはほとんどの倉庫作業に取って代わるでしょう。おそらく彼らはすでに多くのファーストフードの仕事、レストランの仕事に取って代わり始めているでしょう。」

これは厳密にはニュースではありませんが、実際に作業を行う人々にとっては朗報です。レポートでは、米国で行われる作業の40%以上が人間によって行われていると述べています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「業者苦しめる」日替わりGoTo 「分かりにくい」見切り発車に不満噴出 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by pikkuanna

今日の考察/「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文 - 毎日新聞政府は、国民からの「反応」が政府に伝わるかどうかはまだ確認していない。これは、政府が次のステップに進むためのものであり、国民と話し合った...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です