考察

今日の考察/米司法省、中国人4人を訴追 中国軍との関係隠してビザ取得か  WEDGE Infinity(ウェッジ)

あなたは真剣にすることはできません。

米国政府がニューヨーク市地域での攻撃の加害者を本当に追跡しているのであれば、中国の法律ではなく、米国の法律に基づく起訴を求めていただろう。

中国は非常に閉鎖的で権威主義的な国です。実際、中国は世界で最も閉鎖的な国の1つです。中国の共産党が何らかの形で米国の攻撃を担当していると主張するつもりはありません。

中国政府は確かに懸念事項をいくつか行っていますが、中国政府が隠蔽に関与していると言うことは並外れた主張になるでしょう。

そうは言っても、中国が米国との主要な貿易相手国であったことは確かに本当です。中国政府は米国との貿易関係を発展させたいと考えています。

中国政府はその事実を隠しているわけではない。

2016年の大統領選挙が間近に迫っている今、最後の数週間のうちに出てくる、最も面白く、とんでもない、実に奇妙な瞬間を選び出す時が来ました。

ドナルド・トランプが彼のペニスの大きさについて奇妙なスピーチをするのを見たことがある。次に、保守的なラジオホストのヒューヒューイットと非常に奇妙なインタビューを行った、ドナルドトランプ氏の副大統領であるインディアナ州知事のマイクペンスに注目します。

今日の考察/解任されたミャンマー国連大使「抵抗する」 過去に日本留学 | 毎日新聞2017年12月24日、ビルマのネピドーにあるネピドー国務宮殿で演説するキン・マウン・ウー氏。写真提供:アウンサンスーチー/EPA ミ...

その中で、ヒューイット氏はトランプ氏とロシアとの関係について尋ね、ペンス氏はFBIのジェームズ・コミー氏を解雇することを検討するかどうかを言いたがらなかった。

ヒューイットはトランプがコミーの発砲について彼と話し合ったか話しなかったかペンスに尋ねた。彼は「私はそれについての議論を覚えていません。……私は起こった会話について何も知りません。」

同時に、ヒューイットはトランプ政権がトランプとロシアとの関係について心配する理由があるかどうか尋ねました。 「我々はそれらの主題のいずれについても議論したことがなかった」とペンスは答えた。

ヒューイットはペンスにコメディを発砲するかどうか尋ねた。 「大統領が私にそうするように指示したであろう会話には気づいていない」と彼は答えた。

しかし、それは出てきました。

「あなたが言及している会話を思い出せない」と彼は続けた、「でも大統領との会話があったら教えてあげる。私は「そうだ、それについて話そう」と言っただろう。」

「それについて彼との会話を思い出したことはありませんし、覚えていません

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

米司法省、中国人4人を訴追 中国軍との関係隠してビザ取得か  WEDGE Infinity(ウェッジ)
wedge.ismedia.jp


Photo by Thomas Fisher Rare Book Library, UofT

今日の考察/都内では人出増加 首都圏除き6府県解除へ|日テレNEWS24東京都を除く6都県で、東京都内の人口が解禁されると、政府関係者が金曜日に発表しました。 人口算定制度の変更は、2019年3月の年度末ま...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です