考察

今日の考察/「必要なのは国会改革ではない」 モラル崩壊、前衆院事務総長が語る意外な「処方箋」 – 毎日新聞

衆議院は、「拷問」の定義を削除するために国会の「道徳法」を改正する法案を導入することを目的として、国会の「道徳法」を改正するために2つのセッションを開始しました。国会の「道徳法」は古く、透明性に欠けるとして批判され、人権侵害となっている。 「道徳法」は、政治的要求を執行する手段としての違法な拘留または武力の行使における日本政府のいわゆる「軍事法」の使用の基礎です。 「道徳法」をめぐる論争は、法制度の改革よりも政治的利益の問題として広く批判されてきた。衆議院の「道徳法」の廃止に反対する主な反対者の一人は、日本共産党である。毎日新聞の衆議院議員、衆議院事務総長、石原慎太郎、安倍晋三首相は、「道徳法」は時代遅れで効果がないと主張し、「改革国会の」。石原氏と安倍首相はこの記事の中で、日本国民は「道徳法」に満足しておらず、政府の行動にも同意していないが、大騒ぎすべきではないと述べている。さらに、「軍事法」は尊重されるべき法律であるが、「道徳法」は現状では適用できないため廃止すべきであると述べている。記事によると、「道徳法」は憲法の曖昧な解釈に基づいているため、「道徳法」は廃止される。 「道徳法」は政治的意志の欠如のために過去には実施されていなかったが、今は変えることができないと、この記事は主張している。記事はさらに、現在の政府が武力の行使を正当化し、批判を防ぐために「道徳法」を使用していると主張している。最後に、「道徳法」は「実行不可能で効力のない法」であり、日本人が「独立した平和な社会で生活する」ことができるようにするためには、その廃止が必要であると述べています。また、「 『道徳法』の廃止問題は国会の問題ではなく」「国会はこの問題を解決する必要はない」と述べた

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「必要なのは国会改革ではない」 モラル崩壊、前衆院事務総長が語る意外な「処方箋」 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by shixart1985

今日の考察/米の新規感染者8万4千人 過去最多に - 産経ニュース"米疾病対策センター(CDC)が金曜日に発表した報告書によると、日本の感染者数は2年連続で最多となった。 2014年の日本の感染者数は4...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です