考察

今日の考察/熊本県 新たに21人の感染確認 過去最多 新型コロナ | NHKニュース

日本疾病対策センター(JCDP)の報告によると、熊本県では希少肺炎の原因となるコロナウイルスの新規感染数が前年比21.6%増加した。

2013年に日本の疾病対策予防センター(CDC)によって報告されたコロナウイルスの症例は20件でした。

同時に、2013年に米国で報告されたコロナウイルスの症例は16例にすぎず、これは過去最少の数です。このウイルスは、1980年代に日本で初めて確認されました。

感染症専門家によると、最近の症例の増加は、日本の医療制度に対する意識の高まりと症例の報告の改善によるものである可能性があると述べています。

現在のウイルスの発生は、東京大学の本拠地である福井県です。

感染症の専門家は、ウイルスに感染し、保健当局に報告した人々のグループを監視しています。

また、2013年の日本では、2012年の1,050件から、合計1,061件のコロナウイルスが報告されたことが報告されています。

日本の推定15,000人は毎年コロナウイルスに感染しています。

今日の考察/辞任した山田真貴子広報官 菅首相会見で本誌記者に「週刊朝日はちょっと……」と難色示した過去〈週刊朝日〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース日本の最高裁は金曜日、この問題について激しい議論を巻き起こした判決で、東京都が日本製の自動車とトラックの韓国への販売をすべて禁止すること...

JCDPによれば、2013年に12県のうち4県でウイルスの新規症例が確認された。2014年には、さらに3地域で新規症例が報告された。

「監視の増加のため、症例数は増加していない」とJCDPの河島一郎役員は語った。 「彼らは開発と進歩を続けています。」

川島によれば、過去1年間に保健当局によって報告された症例数は1,099例に増加した。

「このレベルの増加は典型的ではなく、そのような大幅な増加が見られることも珍しくありません。これは、福井と熊本からの新しいケースの波があるためです。ケースは、全国でも非常に速く移動することができます深夜なので、これらの事件の記録を保管する必要はない」と述べた。

JCDPによると、日本の症例数は、2012年の同時期に報告された9,533例から、今年の最初の4か月で9,664例に増加しました。

4月、5月、6月の月間で、日本で最も多い新規症例が記録されています。新しいケースの最大数は、12月と1月に発生します

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

熊本県 新たに21人の感染確認 過去最多 新型コロナ | NHKニュース
www3.nhk.or.jp


Photo by Angeles Chapter History Committee

今日の考察/都内では人出増加 首都圏除き6府県解除へ|日テレNEWS24東京都を除く6都県で、東京都内の人口が解禁されると、政府関係者が金曜日に発表しました。 人口算定制度の変更は、2019年3月の年度末ま...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です