考察

今日の考察/まだ続く梅雨末期の大雨 太平洋側で非常に激しい雨も(日直予報士 2020年07月26日) – 日本気象協会 tenki.jp

東京エリアはとても雨の多い朝でした。市内では、午前中に1時間、非常に激しい降雨(場所によっては最大20 cmの雨)が観測されました。

その日、東京は16.9 cmで最も高い降雨量に達しました。

2018年7月26日午前1時45分、東京で最も激しい雨が報告されました。雨季の初めに最も激しい雨でした。また、梅雨入り後の東京で最も激しい雨でした。

2018年7月26日の午前中に東京エリアの降雨が発生しました。

(詳細な雨情報については、2018年7月25日からのTōkyō-kiの雨の予測を参照してください。)

2018年7月26日午前6時から2018年7月27日午前6時までの間に、首都圏には約4.1 cmの降雨がありました(気象庁東京都庁による)。

欧州連合は難民危機に支配された選挙運動の真っ只中にあり、地中海を渡ってやって来る大勢の移民へのドイツの扉を開くというドイツ首相アンゲラ・メルケルの決定がキャンペーンの中心的な問題になりました。

EUがシリア難民を受け入れるべきだという考えの最も声高な支持者は、スウェーデンのステファン・ロフベン首相でした。 「欧州連合は、戦争を脱出した難民に連帯を示さなければならない」と彼の立場のために非難されたロフベンは言った。 「そうしなければ、地中海に送られたような新しい世代の難民を生み出すリスクがある」と彼は言った。

今日の考察/2021年の千葉県知事選挙 自民が鈴木大地氏の擁立を見送りへ - ライブドアニュース都知事選の一次投票を告示(その3) - Japan Times 共同 都知事選は権力闘争に発展する可能性が高い - Japan Tim...

ロフベンの立場は批判されてきたが、危機に対するEUの対応は著しく静かであった。 EUが2週間前にトルコとの戦争を宣言した後、それはシリアで比較的静かでした、そこで、政府とワシントンのその支持者はまだ彼らの目標を進めるために難民危機を利用しています。

プレスタイムの時点では、EUがシリアに兵士を派遣したことや、トルコに移住して他の方法でヨーロッパに入国する移民を取り戻すための新たな契約についての大きな報告はありませんでした。

EUは難民危機の背景にほとんど残っていますが、この危機により、EUは難民をより多く受け入れたがらなくなりました。 EUは数十万人の難民を受け入れたが、世界の難民の大多数はそれぞれの出身国に送り返された。

イタリアとギリシャからの難民を再配置するという欧州委員会の提案は、ドイツの提案とはかけ離れています。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

まだ続く梅雨末期の大雨 太平洋側で非常に激しい雨も(日直予報士 2020年07月26日) – 日本気象協会 tenki.jp
tenki.jp


Photo by Angeles Chapter History Committee

今日の考察/食事会伴うクラスター13人に拡大 岐阜県、新規感染者5人 | 岐阜新聞Web出典は、「岐阜県」です。岐阜県、共同通信社 寺田進・梶山哲也 東京(ロイター) - 高レベル放射性廃棄物を用いた新しい、より効率的な...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です