考察

今日の考察/立憲、国民合流に向け一歩 党名問題は依然難航(20/07/29) – YouTube

憲法上の会衆への第二歩は、憲法条約の創設です。

その理由は、現在の下院には地域社会からのメンバーが少ないためです。現在の大統領である現職の大統領でさえ、その地域からの地域社会の支援を得ていません。憲法条約は、地元コミュニティが下院の決定について発言権を持つ方法です。

大会は、全国の人々が代表できる民主的な会議です。条約がそれらを代表するために選択するグループは、プロセスの重要な部分です。憲法条約は、すべての地元コミュニティを統一し、下院の決定において彼らに発言権を与える方法です。

大会は3月に開催されます。条約は、人々が彼らに影響を与える大きな決定のいくつかを決定するための非常に重要な日です。

大会には、コミュニティのさまざまなグループのメンバーが含まれます。人々が出会い、お互いについて学ぶ機会です。条約は、他のグループが直面している問題について話し合う機会でもあり、同じ問題にどのように直面しているかについて学ぶことができます。また、異なるグループの人々がお互いから学ぶ機会でもあります。

憲法条約を成功させるためには、地域のさまざまなグループの人々の支援が必要です。さまざまなグループの人々が議論されている問題について真の知識を持っていない場合、条約には真の力がありません。

憲法条約は常に3月に開催されます。地域社会が意思決定に参加する本当のチャンスを得る絶好のチャンスです。

今日の考察/「重点化」が「ゲンテン化」? 首相、所信表明で複数箇所言い間違い  - 毎日新聞首相は アジア太平洋をあきらめるつもりはないが、自由貿易圏ではないという現実を無視するわけにはいかない。 首相:アジア太平洋をあきらめ...

憲法制定会議を開催するには、下院は2つの決議案を可決する必要があります。最初の決議は、憲法会議が開催されると述べた決議を可決することです。 2番目の解決策は、コンベンションに参加する地域のさまざまなグループすべての人々のリストを作成することです。

これらのステップの両方が正しく完了した場合、下院は憲法条約の開催を支持して投票することができます。これは非常に強力な投票であり、他のグループが下院を支持することを期待しています。

憲法大会を開催するためには、下院は二つの決議を通過させる必要があります。最初の決議は、憲法会議が開催されると述べた決議を可決することです。 2番目の解決策は、コンベンションに参加する地域のさまざまなグループすべての人々のリストを作成することです

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

立憲、国民合流に向け一歩 党名問題は依然難航(20/07/29) – YouTube
www.youtube.com


Photo by IITA Image Library

今日の考察/大阪都構想、前回世論調査から僅差で賛否逆転 反対43・6%、賛成43・3% - 毎日新聞"これまで何度も言ってきたように、今は東京が軽率な動きをしている場合ではない。 慎重になる必要がある」と橋下徹市長。 "都民は変化に投...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です