考察

今日の考察/塩釜の20代女性と気仙沼の60代女性が感染 | 河北新報オンラインニュース

塩釜

男が階段を下りてエボラ出血熱のような病気になった女性が下釜地域の病院で回復している。

31歳の女性は、1月31日に津軽地区の階段を下り、すぐに地元の病院に運ばれた。

階段を降りた男はその場にいて病院にも連行されていた。彼はすぐに隔離されました。

階段から落ちた女性は、その後回復し、気分も良くなり、川北地区の病院で治療を受けている。

女性の発熱の原因に関する詳細はまだありません。

津軽では、2月3日にエボラ出血熱の最初の症例が報告され、2月5日に症例が確認された。

福岡県は3月に長野県出身の23歳の男性がエボラ出血熱の症状で川北に入院したと発表したが、21日まで確定していない。

今日の考察/CNN.co.jp : コロナ禍以前の生活、戻るのは22年か WHO主任科学者[English] : 私達は、地震について、これまで以上に心配したことはありません。 今日、私たちは、米国地質調査所によると、金曜日に...

3月6日、青森県出身の20代後半の男性がエボラ出血熱の症状で転倒し、川北に入院しました。

8月、ギニア、リベリア、シエラレオネ、ナイジェリアに旅行した女性は、ナイジェリア旅行中にウイルスに曝された後、エボラ出血熱と診断されました。

11月、熊本県で感染者と接触した人のエボラ出血熱の最初の症例が報告された。

12月7日、熊本県に住む40代の女性がエボラ出血熱のような症状で病気になり入院し、特別隔離施設に連行された。

ロンドン、2017年7月30日/ PRNewswire /-

同社は今年の初めに、米国エネルギー省(DOE)と米国環境保護庁(EPA)との合意を発表し、カーボンナノチューブ(CNT)材料の技術と炭素を製造するプロセスの開発と商品化を行いました。繊維、さまざまな用途で使用される材料。炭素繊維を製造するためのナノコンポジットを商品化するために、DOEと15億米ドルの5年間の合意が調印されました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

塩釜の20代女性と気仙沼の60代女性が感染 | 河北新報オンラインニュース
www.kahoku.co.jp


Photo by jm68640

今日の考察/活火山がない近畿でなぜ? 有馬温泉で100度近い湯が湧く理由 - 毎日新聞近畿圏は本当にそんなに汚染されているのか? - 関西新聞 人が歩いて本物の自然を見られる場所はあるのか? - 関西新聞 有馬温泉の公...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です