考察

今日の考察/東京 コロナ入院患者が過去最多 (2020年8月5日掲載) – ライブドアニュース

2.日本、2018年10月1日-東京コロナ病院の入院患者数は、昨年より8%増加しました(2018年11月20日)

今井

今日の考察/一関で3人の感染確認 新型コロナ、16日発表 | 岩手日報 IWATE NIPPO東京(AsiaNews) - 東京(AsiaNews) - 福井県の一ノ関市でコロナの新種が発見されたと、日本の科学者らが1日発表した。...

5.日本、2018年6月6日-東京コロナ病院の入院患者数は、昨年より4%減少しました(2018年7月18日)

今井

3.日本、2018年4月7日-東京コロナ病院の入院患者数は、昨年より5%減少しました(2018年5月3日)

今井

2.日本、2018年3月5日-東京コロナ病院の入院患者数は、昨年から4%減少しました(2018年4月7日)

今井

1.日本、2017年11月14日-東京コロナ病院の入院患者数は、昨年より3%増加しました(2017年11月18日)

CERNのホールに出席していた皆にとって素晴らしい日でした。素粒子物理学のCERN実験室は2年間の運用を祝っており、現在では現代の高エネルギー物理学実験室の美しい例となっています。このような国際規格のこのような大きくて複雑な機械を組み合わせることができることは素晴らしい成果です。 CMSと呼ばれるこの実験室を構築したCERN実験は、すでに多くの発見に貢献しています。 CMS実験は、物理学者が物質の起源と性質を理解できるように設計されました。空を見ると、私たちが生きている物理法則を作成するのと同じ種類の粒子が見えます。

CMS実験は、それぞれが数百メートルx数百メートルの2つの巨大な検出器のセットであり、元素粒子の非常に長寿命の崩壊を見つけるように設計されています。これが、「CMS」という名前が素晴らしいものである理由です。これは、パーティクルを生成するために発生しなければならない衝突の数に関係しています。この数は、実験でどれだけ期待できるかを示す物理学者にとって重要です。

「ヒッグス粒子」は、素粒子物理学の標準モデルによって予測された粒子でした。ヒッグスボソンは、粒子を宇宙に保持する基本的な力であるヒッグスフィールドに関連付けられているボソンです

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

東京 コロナ入院患者が過去最多 (2020年8月5日掲載) – ライブドアニュース
news.livedoor.com


Photo by ykanazawa1999

今日の考察/入院拒否の新型コロナ患者に罰則を検討 ⇒「倫理的に受け入れがたい」日本医学会連合が緊急声明 | ハフポスト日本の厚生省は入院を拒否する新たなコロナ患者にペナルティを科すことを検討していると言う⇒「倫理的に受け入れられない 日本の保健省は、入院...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です