考察

今日の考察/県内6人目のコロナ感染者 久慈の20代女性 | 岩手日報 IWATE NIPPO

「結婚できて本当に嬉しいです。父の結婚式に行けて本当に良かったです。結婚式で友達に会えて本当に良かったです」

「私の彼氏は本当に素敵です、彼は料理が本当に上手です。事前に作ってくれるので、彼氏の結婚式に行けて本当に嬉しいです」

「私は仕事ができるのでとても幸せです。私は本当に自分の仕事が好きです。新しい仕事に行けるのは本当に嬉しいです。」

「彼氏がいるのは本当にいいことだと思う。彼氏が本当に好きだ」

このような物語はもっとたくさんあります。

若くて仕事も貯蓄もない人は、田舎の路上での生活を余儀なくされています。このため、彼らはうつ病に苦しんでおり、家族の欠如にも苦しんでいます。

政府と両親はこれらの問題を緩和するために何もしていません。

「病院に行きたくない。泣きたくない。病院に行くと、性感染症か何かがあると言われて帰るから。家に帰って両親に会うことはありません。私は、病院に再び来て怖がらないようにできる最初の人になりたいのです。」

今日の考察/英変異株、東京でも初の市中感染確認 10歳未満の女児、英国滞在歴なし - 毎日新聞東京の保健当局者によると、日本で初めての突然変異型鳥インフルエンザの市中感染が、イギリスの女子生徒の感染者の急増の原因となっている可能性...

このカップルになぜ病院に行かなかったのかと尋ねると、「病院に行きたくないので病院に行きたくない」と彼らは言った。

問題は、政府と両親がこれらの問題を緩和するために何もしていないということです。

こういうことで苦しんでいる人たち、病院に行けたら、どこか他のところに行けたら安心できるのかな?

政府が問題を緩和し、これらの人々が病院に来ることを恐れずに恐れることがないようにするべきかどうか疑問に思いました。

それはメンタルヘルスの問題を超えた問題です。

それはヘルスケアの問題を超えた問題です。

精神疾患のある人を治療しなくても、これらの問題を解決できるのではないでしょうか。精神疾患のある人を治療することなくこれらの問題を解決できたら、助けてもらえれば、日本人はもっと長く幸せな人生を送れるのではないでしょうか。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

県内6人目のコロナ感染者 久慈の20代女性 | 岩手日報 IWATE NIPPO
www.iwate-np.co.jp


Photo by USACE HQ

今日の考察/ワクチン接種「国立病院から」 「6月まで全国民分」は軌道修正?2014年6月13日に "ワクチン免除は、予定されているすべての医療と宗教上の目的のために、国家レベルで禁止されることになると、保健相の...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です