考察

今日の考察/「うがい薬、瞬く間に消えた」歯科医ら吉村知事に憤り 研究内容、発表法にも批判 – 毎日新聞

翌日、次の記事が掲載されました。

「有名な伝説の「白人女性」が男性であることを明らかにする寸前の日本の科学者」

「加藤吉森東京大学教授が今週の論文で「白人女性」の由来を発見したと発表した。この論文は、1972年に西日本の洞窟で発見された遺体のDNA分析に基づいている。骨は皇帝の妻の骨であると彼は主張した。加藤教授のチームによるさらなる分析は、女性の骨が男性の骨であったことを示した。結果は4月の科学雑誌Natureに発表される予定である。

「この研究は、江戸時代の神秘的な「白人女性」に新たな光を当てるかもしれません。この江戸時代は、今日まで大人気の魅力の対象となっています。」

「加藤氏の調査結果は、皇帝の妻の遺体が近年彼女の埋葬地の近くで発見されている米国にとっても興味深いかもしれません。」

「発見は日本の科学の謎のリストに追加し、戦争の時に姿を消したのは天皇の妻だったのではないかという憶測を促すかもしれません。」

「白人女性」のミステリーは日本のマスコミによって広く宣伝されました、しかし、彼女が男性であったか女性であったか誰も確かに言うことができませんでした。

今日の考察/全国の自宅療養者 3万人超える|TBS NEWSNIGMS健康安全保障センターのディレクターであり、米国疾病対策予防センターと退役軍人局の研究者であるダニエル・J・フリードマン博士の共...

日本には「白人女性」を次の言葉で説明する物語があります。

「 『白人女性』:それは人々が彼女を呼んだものです。当時、江戸時代(1603〜1868)に彼女は消えたと言われていました。確かに言えることは、彼女が美しかったことだけでした。誰もが彼女に触れたがっていた。彼女は白い毛皮のヘッドドレスを着ていて、花に囲まれていた。一部の人々は彼女を盗もうとしたとも言われている。」

「誰も解決できない謎だ。白人の女性が女性だったという事実に矛盾はないと言う人もいれば、彼女の髪は金髪だと言う人もいれば、彼女の髪は白くて黒いと言う人もいた。植物で作ったヘッドドレスでした女性のヘッドドレスのようですが男性のヘッドドレスのようです

「彼女が皇帝の娘であったと言う人もいれば、彼女が彼の妻であったと言う人もいます。どちらかを見分ける方法はないと言っている人もいます

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「うがい薬、瞬く間に消えた」歯科医ら吉村知事に憤り 研究内容、発表法にも批判 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by Prim&Prep

今日の考察/ウイルス遺伝子の白い線くっきり、陽性「ついに来たか」…1例目は感染疑った医師の的確な判断から : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン遠くから女性の声が聞こえてきた。それと同時に、門の左側から声が響いた。門が開き、人が出てきた。"ごきげんよう、奥様..." 男は落ち着い...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です