考察

今日の考察/首相に憤る被爆者「何のため長崎に」 あいさつにも失望 [戦後75年特集]:朝日新聞デジタル

彼は、イランが核兵器を入手するのを妨げるのに十分なことをしていないという核合意に関する他の批評家から批判されてきました。

「その結果、イランは先に進んで爆弾を開発できるようになり、首相はイスラエルの攻撃からの放射性降下物を心配する必要がなくなる」と、最右端のユダヤ人ホーム党の党首、ナフタリベネットは最近述べた。 。

「彼は十分にタフではないと思う」とベネットは付け加えた。

エルサレムポスト主催のパネルで、先週外務大臣のTzipi Livni氏は、「ネタニヤフは十分に厳しいとは思わない」と語った。 「彼にはオバマ大統領のような責任感があるとは思えない」と語った。

現在野党のシオニスト連合党の党首であるリヴニは、ネタニヤフは「用心深い」と感じ、「断固として行動する必要がある」と付け加えた。

「彼が決定的に行動しないならば、私は彼が首相として継続するべきだとは思わない」と彼女は言った。

Hagar Cohenがこのレポートに貢献しました。

2016年の大統領選挙が最終日を迎えるにつれ、2人の最有力候補であるドナルドトランプとヒラリークリントンは、それぞれの選挙区の人々の心と精神、そしてメディアとの戦いにも巻き込まれました。

今日の考察/特急が踏切で軽ワゴン車と衝突、先頭車両が脱線 けが人なし 阪急神戸線 - 毎日新聞5-4-1 - 毎日新聞 掲載 2011年11月14日 東京・東京】京阪本線を走行中のトヨタの旅客列車が高速バスに衝突し、列車が脱線し...

そして、クリントンとトランプの両方がそれぞれの政党の最も保守的な翼にアピールすることを繰り返し試みましたが、リベラルで穏健なアメリカ人の間で最も支持を得ている候補者はバーニー・サンダースです。

彼はクリントンやサンダースがクリントンとするよりもトランプとより多くの共通点を持っています。

アメリカ国民にとって中心的な問題である銃規制に関する2つの主要な候補者の立場をとります。

両方の候補者は複数回にわたって銃規制への支持を表明しており、どちらも解決策を提案しています。しかし、サンダースは実際には銃の所有を制限することをさらに支持した唯一の候補者です。

彼は、攻撃兵器の全面禁止と空港、学校、その他の公共の場所での銃のない区域の撤廃を要求した唯一の人物です。

そして彼は、サンバーナーディーノのような場所で起こった有名な大量銃撃を終わらせるために銃を法執行機関と一般市民の手に渡す銃買い戻しプログラムを求めた唯一の候補者です、コロラドスプリングス、オーランド、フロリダ州オーランド。

サンダースは全米ライフル協会の声高な批評家であり、組織に反対しました。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

首相に憤る被爆者「何のため長崎に」 あいさつにも失望 [戦後75年特集]:朝日新聞デジタル
www.asahi.com


Photo by yashmori

今日の考察/大阪、過去最多の490人感染 新型コロナで4日連続更新、東京上回る 前日に続き400人超 - 産経ニュース"東京では感染が続いていますが、大阪ではチフス熱の症例が多く報告されています。チフス熱の症例がどのようにして感染しているのかは不明。ただ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です