考察

今日の考察/モーリシャス座礁事故、長鋪汽船と商船三井が共同会見。運航船社に求められる「社会的責任」とは。|日本海事新聞 電子版

彼のF-86セイバージェットが今朝南シナ海で岩層に衝突した後、中国の空軍パイロットは危機的な状態にあります。中国空軍のスポークスパーソンは、F-86が岩層に衝突したとき、パイロットは実射練習に参加していたと語った。

飛行機は高度約8,000メートル(26,000フィート)で飛行しており、パイロットと副操縦士は最初のスクランブルの後で海軍艦船によって墜落現場から救助されたと付け加えた。彼女はパイロットが救助されたとき意識があり、呼吸していたと言いました。

中国海軍の声明は、事故を調査していると述べた。この事件は、南シナ海をめぐる北京との独自の領土問題に巻き込まれた中国とフィリピンの間の緊張が高まっている中で起こった。墜落に関係した軍用機はH-6K爆撃機であった、とスポークスパーソンは言った。

衝突は、中国とフィリピンのほぼ中間に位置する小さな火山と石灰岩の島々のチェーンであるスプラトリー諸島で発生しました。スプラトリーズは中国、フィリピン、台湾、ベトナムによって主張されているが、マレーシア、ブルネイ、ミャンマーは主張が重複している。

「中国の空軍の飛行機が海に墜落しました、そしてパイロットと彼の副操縦士が救助されたかどうかは明らかではありません」と軍の高官が記者団に語り、軍事司令センターからの予備報告を引用した。

関係者は、発射訓練に参加していた飛行機が中国の空軍基地の滑走路に戻っている間に海に墜落したと語った。

事故は「九点線」または「九点列島」と呼ばれることが多い水域で発生した。

今日の考察/兵庫で過去最多563人が新型コロナ感染|総合|神戸新聞NEXT新たな感染者数が563人に上る一方で、1,944人が治癒していることがわかりました。 厚労省、神戸市、神戸市立医療センターの共同発表に...

フィリピンは、墜落時に軍用機がスプラトリス上空を飛行していたと語った。軍は調査中です。

フィリピン空軍のスポークスマン、ジョ・アルトゥーロラミン中佐は、飛行機が島に接触したとき、高度8,000メートル(26,000フィート)で飛行していたと語った。

中国海軍の声明は、報告された飛行機墜落を確認しなかった。それは海軍がその地域に救急船を派遣したと言った。

軍当局者は、「中国軍は墜落現場に到着し、事件を調査しようとしている」と語った。救急船も捜索に参加していたかどうかはすぐには明らかではなかった

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

モーリシャス座礁事故、長鋪汽船と商船三井が共同会見。運航船社に求められる「社会的責任」とは。|日本海事新聞 電子版
www.jmd.co.jp


Photo by Bengt Nyman

今日の考察/受け入れ病院 “現場は災害レベル”|NHK 関西のニュース▪ 政府は、病院が複数の施設を運営できるようにすることで、被災地における医療の質を向上させようとしています。新しい法律では...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です