考察

今日の考察/ヤングケアラー~幼き介護:「介護担う子どもがいる家庭」ケアマネの16.5%が経験 毎日新聞全国調査 – 毎日新聞

毎日新聞調査の「子育て」

毎日新聞調査の「子育て」

チャイルドケアプロバイダーに対する最初の全国的な調査の結果は、チャイルドケアが働く女性の高い就業率を伴う有利なビジネスであることを示しています。保育従事者の半数以上が幼児を持っています。結果は、30歳から54歳の女性のうち、42%が幼い子供を、28%が子供を持たないことを示しています。 50〜59歳の女性では、70歳以上の女性の割合が40%に上昇し、45%に上昇します。調査によると、上位3つの育児専門職は、保育提供者(49.6%)、看護師(25.7%)、および教師(20.5%)です。保育提供者の最大の職業は保育園教師であり、次に保育コーディネーターと幼稚園教師が続いている。保育業界では、介護者の大半が子どものいる家庭で働いており、年間平均160万円の収入があります。しかし、保育者の半数以上が子どものいない家で働いており、年間平均130万円を稼いでいます。これらの介護者の大半は、保育所または保育所の施設で働いています。子どものいない家で働く人は、年間平均120万円の収入があります。保育所の割合が最も多いのは東京で、大阪、京都、名古屋がそれに続く。

調査結果は、東京、大阪、京都、名古屋の1,012人の保育者へのインタビューに基づいています。毎日新聞社のオンライン調査にも参加した。合計サンプルサイズは1,012で、誤差範囲は1.0〜8.1%です。調査の結果は、2008年に在宅医療提供者の間で行われた調査の結果と類似しています。

働く女性の数が着実に増加している現在、育児の仕事の大半を占めるのは依然として女性です。

保育施設は、日本では非常に収益性の高い事業とされています。保育施設の数は、1990年の18700から2008年には10万に増加し、15%増加した。

今日の考察/東京・大阪・京都・兵庫への宣言発令、23日に決定 : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン" 東京-大阪間の鉄道サービスは、オリンピックの精神に則り、旅行者が日本と近隣諸国を行き来するのに便利なように拡大すべきである。" "...

「女性の育児提供者の数は着実に増加しています。幼児の世話をする女性がますます増えています」と研究者は言います

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

ヤングケアラー~幼き介護:「介護担う子どもがいる家庭」ケアマネの16.5%が経験 毎日新聞全国調査 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by ricky from left field

今日の考察/3度目の緊急事態宣言発令へ 東京、大阪、兵庫の3都府県に(産経新聞) - Yahoo!ニュース(2013年4月13日に更新。現在、NWSは日本全国に緊急事態宣言を発令しています)。 2014年4月8日(日)、NWSは以下の地域に...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です