考察

今日の考察/国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難 – 毎日新聞

Chazが7:26 AMに投稿

ロンドン(ロイター)-米国の諜報機関は、2015年にロシアのプーチン大統領および他の最高幹部の通信を傍受した、とニューヨークタイムズ紙は金曜日に6人の現在および元アメリカの高官を引用して報告しました。

2017年5月27日、米国ワシントン州のホワイトハウスでドナルドトランプ米大統領(C)が英国のテレサメイ首相と会見します。ロイター/カルロスバリア

傍受は2015年の夏から昨年の秋にかけて行われたと報じた新聞は、標的にされたロシア当局を特定しませんでした。タイムズ紙によれば、この傍受は2月に英国の諜報機関によって米国の諜報機関に提供されたという。

今回の発表は、トランプ氏のキャンペーンとモスクワとの関係の可能性に関する懸念が高まる中、2016年の米国の選挙でロシアがトランプ氏の勝利を支援したと米国情報機関が発表した木曜日の報告に続く。

タイムズ紙の別の報告によると、諜報機関は昨年、ロシアの2つの銀行とロシアの情報機関高官の間の通信を傍受し、クレムリンに利益をもたらすために財政的および政治的影響力をどのように利用するかについて話し合った。

レポートは、ロシアの銀行がプーチン政府の代理人として行動していたという証拠はまだ浮上していないと述べました。

タイムズ紙はまた、2015年後半にキスリヤクとワシントンのロシア外交官との間の通信を傍受した米国の諜報機関が、後にセルゲイイワノビッチクリヴォフと特定したと報じた。

今日の考察/イベント人数制限 19日にも緩和へ、50%・5000人の上限緩和も検討|TBS NEWS午後12時42分 誰もリラックスしないとは言っていません。 12:52 PM. いや、リラックスしようと思えばできる。 12:5...

タイムズ紙によると、切片は、クリヴォフとキスリヤクがトランプとプーチンの間の会議を手配することについて話し合っていることを示したと述べた。タイムズ紙によると、クリヴォフ氏は、米国の諜報機関によって、モスクワのスパイ活動に深く関与しているロシアの諜報機関であると認められている。

「クリヴォフがロシア政府のスパイに非常に親密に関与していたという事実は重要です」とタイムズ紙は報じた。

ニューヨークタイムズ紙は傍受されたロシア当局者の特定を拒否した。ロイターは、タイムズレポートの信頼性を独自に検証することができませんでした。

匿名を条件に米国の当局者がロイター通信に語ったところによると、ロシアの諜報機関は11月8日の選挙に先立ち、民主党組織に対するサイバー攻撃やその他の取り組みの背後にあった。

当局によると、サイバー攻撃は、民主党全国委員会やヒラリークリントンの選挙運動委員長であるジョンポデスタからのメールの盗難など、情報社会が長年モスクワに帰してきたものに加えて発生したという

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by Antonio Marín Segovia

今日の考察/制限緩和 きょうから5千人超イベント可能|日テレNEWS24コカコーラ コカ・コーラは今年のイベントで2つの新しいドリンクをお披露目するそうです。 同社によると、「ブルーラベル」と名付けられた...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です