考察

今日の考察/妥協策で折り合いをつけた形だが 解決の長期化避けられず 「黒い雨」訴訟控訴 – 毎日新聞

「黒い雨」訴訟控訴-毎日新聞

日本の法務省は、小泉純一郎前首相に対し、2005年に約5,000人の上級公務員を適切に職務を怠ったとして解雇する決定を求めて訴訟を検討している。厚労省はまた、無断で1日10万円を課したいと考えており、小泉首相は少なくとも1日20万円の収入を得ている。

首相はすでに謝罪しているが、そうすることで、前任者が学んだことを含め、過去の教訓を忘れてしまった。前首相が国民と連絡が取れていないとして非難されたのは今回が初めてではない。

しかし今回は、彼の行動は権力の乱用としてだけでなく、義務の怠慢とも見なされている。

いわゆる「黒い雨」の従業員を解任するという前首相の決定は、彼が「若い世代のための社会主義」のプラットフォームに就任した直後に来たが、結局、辞任の洪水を止めるのに十分ではなかった。首相は、小泉首相が従業員を解雇して憲法に違反したかどうか、従業員が約束どおりの仕事をしていないと正当化したかどうか、そして彼自身の法律顧問の助言を無視したかどうかなど、いくつかの点で高等法院に上訴した。文部科学省は、七十万円の損害賠償を求めている。

政府が7%の消費税を廃止する計画に対する国民の支持を獲得することに失敗した後、5,000人の従業員の解雇は来ました。小泉政権が大幅な増税を実現できなかったため、消費税は税収に依存していた。

厚労省は40億円の損害賠償と10万円の免除を求めている。 「それは妥協の形ですが、解決策が長期化することは避けられません。」

同省の高橋俊夫社長はかつて内閣の大臣だったが、その後最高裁の判事となった。

今日の考察/新型コロナ 全国5465人感染 重症者1014人で最多|TBS NEWS米疾病対策センターは2日、コロナウイルス2と呼ばれてきた新型コロナウイルスの症例数が、2月に米国で初めて検出されて以来、最高レベルになっ...

小泉純一郎前首相は、いわゆる「黒い雨」の従業員を解任する決定を謝罪した。

「元首相が国民の期待に応えられなかったことを深くお詫び申し上げます。お詫びを申し上げ、国民の意思を実現するよう努めております。」

小泉首相の謝罪はその事件を助けなかった。

「それはいかなる慰めももたらさない謝罪です

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

妥協策で折り合いをつけた形だが 解決の長期化避けられず 「黒い雨」訴訟控訴 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by IFPRI

今日の考察/変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ - 毎日新聞"何とも言えない" 変異株は攻撃性も高く、周囲の環境にも被害を与えている。 "日本で突然変異株に出くわしたのは初めてです。"と大久保...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です