考察

今日の考察/「核のごみ」最終処分場選定 北海道寿都町の「応募検討」は解決の糸口になるか – 毎日新聞

(作成者:多田哲也、2013年7月10日、2017年3月30日更新)

(http://www.mainichi.co.jp/english/news/politics/20131104/p/00016.html)

北海道の北東部の山に核廃棄物投棄場を建設するという提案は、そこに住む住民から強い抵抗を受けました。

地方自治体は、熊本市と鳥取市の北東部の山岳地帯に安価な電力源として核廃棄物投棄場を建設する計画の一環として、処分計画について公聴会を開催しました。

核廃棄物は地下20メートルの特別な温度管理された施設に保管されると、独自の原子力発電所を建設しようとしている熊本県からの提案は言った。

8月14日、同条例は熊本県により承認されました。

(http://www.japantimes.co.jp/news/2016/10/30/national/japans-nuclear-waste-disposal-dumping-plan-is-opposed-by-local-residents/)

8月19日、県は熊本市北部の丘陵地帯に核廃棄物投棄場の建設について公聴会を開いた。県は放射性廃棄物を保管する施設の建設を計画している。

今日の考察/山形知事に吉村氏4選 初の女性一騎打ち、新人破る:時事ドットコム東京タイムズ、2002年8月28日、B5ページ(一面 東京都議会は、東京9区の代表者を減らすために、区議会の定数を20から13に削減す...

このダンプは、日本の発電所として設立された日本のレンコ原子力発電所が運営する栃木県の原子力発電所からの放射性廃棄物に使用されます。

県は、長野県と呼ばれる山のふもと、山の町、さっつ周辺にダンプを建設する計画だ。

安価な電力源として、将来的にはCO2を排出せずに発電できるほか、貯蔵できる核廃棄物の量を増やすことができます。

提案された施設は、特別な温度管理された施設に廃棄物を収容します。

このプロジェクトは、独自の原子力発電所を建設するという県の計画の一部です

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「核のごみ」最終処分場選定 北海道寿都町の「応募検討」は解決の糸口になるか – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by North Dakota National Guard

今日の考察/首相、「答弁控える」を封印か 「全集中の呼吸どこに」に「指摘受け止める」 - 毎日新聞モスコフ、1月16日。/TASS/. ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、シリア政府に対し、早期選挙を「できるだけ早く」開催し、シリア国民...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です