考察

今日の考察/静岡 浜松 41.1度 国内最高気温に並ぶ あすも40度に迫る暑さか | 気象 | NHKニュース

(NHKニュース)–気象庁によると、日本の最高気温は、新大阪の気温が40.3度であったため、1964年2月6日の摂氏40.1度でした。

1月6日から12日までの期間、大阪の気温は摂氏30度前後でした。 40度を超える日数は平均して19日でした。

大阪の気温は43.2℃でしたので、2005年1月18日の日本の最高気温は45.4度です。

その間の日本の平均気温は摂氏27.7度でした。

気象当局によると、日本の最高気温は摂氏40度前後。

急速な気候変動の原因と結果に関する国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)による調査は、重要な質問に答えることができませんでした:地球温暖化は海面水位を上昇させるか、それとも海を冷やすか

IPCCは、現在の地球温暖化の割合は、少なくとも過去80万年のどの時点よりも大きいと繰り返し述べています。これは、主に私たちが大気中に放出している二酸化炭素の排出によるものです。

今日の考察/一関で3人の感染確認 新型コロナ、16日発表 | 岩手日報 IWATE NIPPO東京(AsiaNews) - 東京(AsiaNews) - 福井県の一ノ関市でコロナの新種が発見されたと、日本の科学者らが1日発表した。...

しかし、海面水位が今日よりも高かったという過去の証拠はその主張を裏付けるものではない、とパシフィックインスティテュートのディレクターであり、ウッズホール海洋研究所の気候科学迅速対応チームのメンバーであるピーターグライクは言った。 「過去には2つの暖かい期間がありました、それは長期的な記録です」とグリックは言いました。 「そして、海洋とCO 2の間には強いつながりがありますが、強いつながりはありません。」

英国国会議事堂の海面水位データは、19世紀以来海面水位が上昇しているという明確な傾向を示しており、過去30年間で最大の増加が見られました。グライク氏は、イギリス国会議事堂のデータは衛星による水位測定に基づいており、潮汐計やその他の情報源から得られたものだと説明した。

「私たちは、CO 2に対する海洋の反応を非常によく理解しています」とグリークは言った。 「海は暖かくなりますが、私たちはその温暖化を非常に長い期間にわたって追跡してきたので、それが短期的な現象であると考える理由はありません。」

グライクは、北極圏が過去12,000年で最も速い速度で温暖化し続けているという事実に言及していました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

静岡 浜松 41.1度 国内最高気温に並ぶ あすも40度に迫る暑さか | 気象 | NHKニュース
www3.nhk.or.jp


Photo by Canadian Light Source

今日の考察/記述なしでも「時間足りない」 共通テスト何が変わった:朝日新聞デジタル1993年に試験が始まって以来、初めて政府の共通テストが今年からコンピュータ化されました。共通テストでは初めて、初日がテストの初日でもあ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です