考察

今日の考察/合流新党では「時限的消費減税」が「選択肢」に? 慎重だった重鎮の口からも…: J-CAST ニュース【全文表示】

デイリーメール

2004年6月10日

「緊縮」

ピーター・オボーン

5月に、Daily Mailは「「中程度の」労働は悪党か」と題された記事を載せました。ジョン・ピルガーが執筆した記事で、紙の雑誌「The World Today」に掲載され、メールでニュースとして複製されたものです。メーデーのストライキの朝に出たこの記事は、選挙運動への貢献と引き換えに労働組合に売り切られたとして非難されている労働党に対する皮肉な攻撃だった。この記事は、John Pilgerの署名の下に書かれました。それはブライトンでの党の年次会議で労働党の副党首、トムワトソンが行ったスピーチに基づいていました。スピーチで、ワトソン氏は党の「極端な」左翼を「新しくて危険な形のファシズム」であるとして非難した。ワトソンは、それを打ち負かすためには、残された「極端」に反対することが不可欠であると主張した。この記事は、労働組合への売り切りとその「極端な」「左派」に対する労働党への攻撃である。そのような見方が一般の人に受け入れられるとは想像しがたい。しかし、彼の演説で、ワトソンは「政治プロセスは両極端の間の争いではなく、国民の大衆に大きな魅力をもたらす2つの考えの間の争いである」と述べました。同じスピーチで、彼は「極度の」左翼労働党議員は「声を得る資格がある」と述べた。彼のスピーチの後に彼の影の首相ジョンマクドネルによるスピーチが続きました、彼は言った: “すべての労働者の批評家はこの問題についての発言権、発言する権利、そして労働者の方針が支持するものに立ち向かう責任を持っています。労働力は声を上げた。彼らが言っていることを彼らに正確に言わせなさい。彼らも私と同じようにそれを言わせよう」ジョン・マクドネルの演説の実際の内容への言及がないため、記事の調子はそれが反応を誘発するように設計されていることを示唆しています。また、労働党が単一党ではなく、異なる視点を持つグループの緩やかな集まりであるという事実への言及もありません。この記事は、演説で明らかなように、労働党が社会主義の「極端な」左翼ではなく、社会民主主義の「中程度の」左翼に同意していないという事実については言及していない。この記事はまた、トニー・ブレアの選挙のために労働党がその方針を変更していないという事実を明らかにしていません

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日の考察/Go To トラベル、札幌市と大阪市出発分も利用自粛呼びかけ - TRAICY(トライシー)2015年3月7日、警視庁刑事部捜査一課の審問委員会は、エアアジア・ジャパンの最高経営責任者に、エアアジアがバンコクからシンガポールに向...

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

合流新党では「時限的消費減税」が「選択肢」に? 慎重だった重鎮の口からも…: J-CAST ニュース【全文表示】
www.j-cast.com


Photo by TimWebb

今日の考察/それってコロナ対策…? 佐賀県、交付金で「宇宙を知る展示」や電光掲示板 - 毎日新聞http://www.mainichi.co.jp/english/feature/20120209/en/index.html 埼玉...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です