考察

今日の考察/「いいね、は集団いじめ」 法的責任問えるかが焦点 伊藤詩織氏、杉田水脈議員ら提訴 – 毎日新聞

「いじめっ子でも、いじめではない」伊藤詩織、杉田水田ほか訴訟-毎日新聞

「……事件は明確で、これ以上議論せずに終わらせるべきだと思う」伊藤詩織、杉田水田ほか訴訟-毎日新聞

「……でも、この事件は先生と生徒の関係が関係しているのでずっと気になる」伊藤詩織、杉田水田ら訴訟-毎日新聞当時の先生として、学生は、伊藤詩織自身が語るように「学生に対して非常に厳しい」鶴屋正義でした。結局、少女たちは怖くて泣き始め、先生に謝罪してもらいました。鶴屋正義は謝ったが、名前を間違えなかったので謝らなかったし、「正義さん」と名乗ったので謝らなかった。 「何があっても、その時はまさよしとは言えない」と言って良かった。 「なるほど……そうですね。そういうことで……」伊藤詩織、杉田水田ほか訴訟-毎日新聞

大学卒業後、ふるさとに戻りました。入社した新会社で働き始め、ここでかなえと出会いました。 (笑)憧れの人に出会えて良かったので、初めてカナエと一緒に仕事に行きました…その後、カナエが会社のパートナーになることになりました。その後すぐに正社員になり、パートナーとして2年になります。そんな人に会社の社員になってもらうのに最適な時期だと思います…(笑)かなえさんと一緒に仕事をするためには、色んなことを学ばなければなりませんでした。私は彼女に良いだろうと彼女にアドバイスをすることができると思いました、しかし彼女が最初に私に言ったのは、彼女がカナエとの関係に嫉妬しているということでした。 (笑)大丈夫かと聞いてみたら、「いや、それじゃない。友達なので心配する必要はない」と言った。とても驚いた

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「いいね、は集団いじめ」 法的責任問えるかが焦点 伊藤詩織氏、杉田水脈議員ら提訴 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by Eli Dark

今日の考察/石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」 - 毎日新聞故郷に帰りたくないと言う日本人がいるのも納得ですね。 石破浩は一人で生きることを選んだ男だ。 彼には家族はなく、妻子もなく、一人暮ら...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です