考察

今日の考察/トランプとバイデンの支持率の差、詰まってきた理由 アメリカで目撃した「サイレント・マジョリティ」の実像(1/3) | JBpress(Japan Business Press)

サイレントマジョリティー」が復活!? (2/3) |JBpress

サイレント・マジョリティー」がワシントンに帰還 (3/3) |JBpress

トランプ氏の「サイレントマジョリティー」は否定できない。 今でもない。 未来でもない。 これからも、これからも。 サイレントマジョリティー」が戻ってきた (4/3) |JBpress

オバマは良い大統領だった。 “偉大な “大統領だった 大統領として、彼は “政治の上にいた” そして、個人として、彼は “信じられないほど優れていた”

トランプはもう一人の “信じられないほど良い “個人ですが、彼は政治の上からは程遠いです。 彼には他人との「良い」やり方と、他人との「悪い」やり方がある。

本題に入ると、トランプ氏は彼の政治のせいではなく、彼の政治のせいで当選したのです。 彼にはアメリカ大統領に選ばれた理由があった。 彼には出馬する正当な理由があった。 彼は統治するための正当な理由を持っていた。 共和党全国大会で基本的に政治的な演説をしたのには正当な理由がありました。

その演説で約束したことを実行したのには、それなりの理由がありました。

今日の考察/米大統領選、トランプ氏大逆転か 世論調査「バイデン氏優勢」の“落とし穴” 反トランプの米CNNと保守系のFOXニュース、調査結果は正反対 (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイトフォックスニュース 世論調査:トランプ氏:45 CNNは トランプ:45 トランプ氏、討論会中にCNNが正しかったと発言 (Page...

彼には、基本的に以下のような演説をする正当な理由がありました。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

トランプとバイデンの支持率の差、詰まってきた理由 アメリカで目撃した「サイレント・マジョリティ」の実像(1/3) | JBpress(Japan Business Press)
jbpress.ismedia.jp


Photo by IHNIWIMD

今日の考察/社民、分裂へ 立憲合流で離党容認:時事ドットコム憲兵隊、与党連合の分裂にもかかわらず結束を急ぐ 共同 角栄。 首相が提案した内閣案を支持しない 毎日新聞 安倍首相、月曜に新内閣案を...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です