考察

今日の考察/関市で新たなクラスター 岐阜県内5人の感染確認 | 岐阜新聞Web

シエラレオネでエボラウイルスに感染した日本人男性がギニアでの作業中にウイルスに感染した。 日本に空輸され、現在治療を受けている。

感染者の男性は病院で重体となっており、婚約者は米国に留まっている。

感染者の男性は、2013年にコンゴ民主共和国でエボラが発生した際に、国連の平和維持要員として働いていた際に感染したとみられています。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

関市で新たなクラスター 岐阜県内5人の感染確認 | 岐阜新聞Web
www.gifu-np.co.jp


Photo by Lithuanian MFA

今日の考察/石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」 - 毎日新聞故郷に帰りたくないと言う日本人がいるのも納得ですね。 石破浩は一人で生きることを選んだ男だ。 彼には家族はなく、妻子もなく、一人暮ら...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です