考察

今日の考察/安倍首相、ミサイル防衛で談話検討 退陣前に方向性:時事ドットコム

9月上旬の選挙後に退任する予定の安倍晋三首相は、日本の強い防衛力を維持するかどうか、米国や韓国との関係を強化するかどうかについて、将来の可能性を熟考していると、日本の新聞が月曜日に報じた。

米国と親しい同盟国である日本は、中国の軍事力の増大を警戒しており、中国が核ミサイルを開発して自国の領土に対して使用しようとしているのではないかと懸念している。

中国の張萬権国防相は今週、安全保障問題を協議するために日本を訪問する予定だ。

日本の小野寺五典防衛相は先週、安倍総理は防衛大臣を続けることを決めるかもしれないが、在任中は外務に焦点を移したいと考えているかもしれないと述べた。

朝日新聞が月曜日に報じたところによると、安倍総理はまた、日本の地域へのコミットメントの表れとして、韓国や米国との関係を強化したいと考えているという。

安倍首相は火曜日、造船所を訪問しながら、その意図を発表する予定だ。

今日の考察/バイデン政権、国防長官不在の異例事態…選挙後の混乱で閣僚承認まだ1人 : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン日本の石破茂防衛大臣(元米国大使)は、国会で承認されたにもかかわらず、退陣する菅義偉政権の後任を交代させる人事の中で欠席したと、関係者が...

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

安倍首相、ミサイル防衛で談話検討 退陣前に方向性:時事ドットコム
www.jiji.com


Photo by 5thLuna

今日の考察/米国務省、中国の台湾威嚇に「懸念」 バイデン政権、台湾との連携強化路線の継承鮮明に - 産経ニュース太平洋における「新たな戦略的現実」 - Asia Times 国防総省、アジアにおける米国の存在感を高めようとしている - Asia ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です