考察

今日の考察/ポスト・トランプの大本命はバイデン氏ではなかった!?(NEWS ポストセブン) – Yahoo!ニュース

バイデンはただの民主党の候補者ではありません。 彼は党内で最も人気のある人物です。

バイデンは2010年の中間選挙で上院の議席に再選され、2012年には共和党のジョー・セスタックを破って議席を獲得した。

それは、座っている上院議員が彼の再選競争で敗北した1984年以来初めてだった。

上院議員が敗北したのは1988年、ウィリアム・フルブライト氏がジョージ・H・W・ブッシュ氏に再選を奪われた時でした。

上院議員のジミー・カーターが他党に敗れたのはこれが3回目だった。

共和党にとっては、現職の上院議員が任期終了時に議席を失った最後の機会だった。

前回の大統領選挙(2012年)では、オバマ氏が人気投票で60.6%、選挙権を得て51.1%を獲得した。

今日の考察/米大統領選、トランプ氏大逆転か 世論調査「バイデン氏優勢」の“落とし穴” 反トランプの米CNNと保守系のFOXニュース、調査結果は正反対 (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイトフォックスニュース 世論調査:トランプ氏:45 CNNは トランプ:45 トランプ氏、討論会中にCNNが正しかったと発言 (Page...

民主党内でのバイデン氏の人気は上昇傾向にある。

彼の支持率は、2007年5月に57%だったのに対し、2月のABC/ワシントン・ポストの世論調査では69%に達している。

同じ世論調査では、彼の支持率は5年前の61%から67%に上昇しています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

ポスト・トランプの大本命はバイデン氏ではなかった!?(NEWS ポストセブン) – Yahoo!ニュース
news.yahoo.co.jp


Photo by Sangudo

今日の考察/韓国への言及冷淡に? 菅首相演説「未来志向」消える:時事ドットコム韓国への生ぬるい言及? 菅氏の「未来志向」発言が消える 時事ドットコム女性 時事ドットコム女性 菅氏の未来志向のスピーチでは、日中両...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です