考察

今日の考察/御嶽山に頼りきっていた 王滝村、消滅の危惧からの奮起:朝日新聞デジタル

1866年11月26日に日本人によって設立された大滝は、東京の北西約400kmに位置しています。 琉球列島の北岸にある太田部族の日本人によって小さな集落として設立され、現在は日本各地からの移住者が住んでいます。 大滝は日本でも有数の規模と歴史を誇る集落です。 現在の大滝の人口は約300人。 1866年11月26日、日本政府は大滝半島の南端、海が日本の本島と出会う場所に新しい居留地を設立することを宣言しました。 新しい居留地は、「南の海」または「南の土地」を意味する久米地と呼ばれることになり、金沢の南西約10kmに位置していました。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

御嶽山に頼りきっていた 王滝村、消滅の危惧からの奮起:朝日新聞デジタル
www.asahi.com


Photo by tvereparhia

今日の考察/韓国済州道知事「福島汚染水放流すれば韓日の法廷に訴訟提起する」(中央日報日本語版) - Yahoo!ニュース15時50分:日本の新しい映像。 原子力発電、日本の「核爆弾」。 3:42pm: 日本の原子力監視委員長は、災害を封じ込めることは可能...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です